長い歴史のある街、吉原ですが吉原遊郭から生まれた風俗用語も現在の風俗で使われています。今回は吉原で生まれた風俗用語のご紹介です。

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 吉原ソープ求人 > 吉原の独特のしきたりとは?

吉原の独特のしきたりとはどのようなものか?

吉原の独特のしきたりとは?

吉原ソープ

江戸時代から続く遊郭である吉原。数々の遊女たちがいたこの土地には独特の習慣やしきたりがあったのです。

・「馴染み」になるまで
妓楼(現代での風俗店)に通う回数によって、客の呼び名が変わります。1度目は「初回」、2度目は「裏」、3度目は「馴染み」と呼ばれるようになり、馴染みになるまでは毎回ご祝儀を取られます。さらに花魁(現代での風俗嬢のこと)は3回通っていないお客には肌を許さないという者もいたといいます。また、高級店の花魁と遊ぶと、飲食代・祝儀代で1日で現代の感覚で100万円程かかるほどだったため、現代よりも昔の方がお金がかかっていたのです。

・「相部屋」
下級の花魁は自分の部屋を持っていないため、相部屋となります。相部屋で下級の花魁と交わる事を「割床」といい、屏風1枚ほどのしきりしか無い空間です。また、たとえば同じ花魁にお客が2人ダブルブッキングしてしまった場合には、花魁は自分の部屋で屏風の仕切りを設け、相部屋で割床したそうです。料金を払ったのにも関わらず、終わりの時間まで花魁が自分の方に来なかったという事例もあったそうです。

・浮気厳禁
いつも指名している馴染みの花魁に先客がいた場合、お客にはその花魁の弟子が派遣されることもありました。しかし、手を出すことは厳禁なのです。また同じように、同じ妓楼の中で別の花魁を指名することや、若い衆との恋愛も厳禁でした。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP