あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > お客さんとして親戚や家族、友達がソープに来てしまう…悲劇!

お客さんとして親戚や家族、友達がソープに来てしまう…悲劇!

お客さんとして親戚や家族、友達がソープに来てしまう…悲劇!

特集

ソープで働いているのを周囲に秘密にしている場合、バレを気にして様々な対策を取っている、バレないように日頃から言動に極力気をつけるようにしている…というソープ嬢はたくさんいます。
しかし、そんな中で一番恐れるべき事態は、知人や親戚、家族や彼氏が、自分が働いているソープランドお客さんとしてやってきてしまうこと!
冗談のような話ではありますが、実際にそのような極限状況に陥ってしまった、という風俗あるある話も、以前は決して少なくはありませんでした。
しかし最近ではそのようなことがないように、各ソープランド側も様々な対策を練っているようです。

ソープ嬢が先に、次のお客さんについてをチェックできるシステムが導入されている

ソープ店の中には、待合室や予約カウンターに監視カメラを設置して、ソープ嬢が次のお客さんを確認できるようにしているお店が多くなってきています。
これをすることにより、万が一知人や家族が来てしまったときにも、そのお客さんソープ嬢が当たらないように事前に餞別することが可能となります。
また、監視カメラと同じように待合室にマジックミラーが設置してあり、ソープ嬢がマジックミラー越しにお客さんを確認し、同じように知人ではないか、家族ではないか確認できるようにしてあるお店もありますので、プレイルームにお客さんが入ってきたと思った自分の父親で、お互いビックリして無言に…というような冗談のような不幸話も起こり難くなっています。

ソープ店等の店舗型風俗の方が身内バレしない?

ソープランドや箱ヘル、ピンサロ等の箱モノ風俗の方が、お店に入っていく所を誰かに見られて身内へのバレに繋がるのではないか…と警戒している女性は多いようですが、実は店舗型風俗店の方が身内バレしないものです。
デリヘルやホテヘル、出張マッサージ等の出張型風俗は、嬢は待機所からお客さんの待つホテルへと移動しなければなりません。それも、一日に何度もホテル街をウロウロすることになります。
女性が一人でホテル街をウロウロするのは、場所にもよりますがあまり一般的なことではありませんし、やはり目に付きやすいものです。しかも、その時間が長時間になればなるほど、回数が増えれば増えるほど、より他人の目に晒されるわけですから、たまたま近くを通りがかった親戚や知人に「あれ?」と思われてしまう可能性は否定できません。
その点、店舗型風俗では、気をつけなければならないのは出勤・退勤の時のみ。しかも、ソープランドの中には車で家まで送迎してくれるお店も多いですので、あまり人目につくこともありません。

バレはしなかったけど…自分の家族や彼氏がソープランドに来たら、心境は複雑!?

ソープ嬢の中には、自分がソープランドで働いているにも関わらず、しかしやっぱり自分の家族や彼氏には風俗を利用してもらいたくない、という風に考えているソープ嬢もいます。
それは、自分がソープ嬢というお仕事をしているからこそ、風俗嬢にのめり込んでしまう男性が少なくはないことや、風俗に湯水のように大金を使ってしまう男性の悲哀を分かっているためそう考えてしまうわけですが、実際にもし自分の家族や彼氏ソープランドを利用しているのを知ってしまうと、それでかなりガッカリしてしまうソープ嬢は多いのではないでしょうか。
もし、あなたがソープランドで働いているところに、家族や彼氏がやって来て、複雑な心境になってしまったとしても、頭に血が上ってそれを責め立てることは絶対にしないように!
そうすることにより、速攻であなたがソープランドで働いていることがバレてしまいます。男性側からしたら、男性がソープに遊びに行くことよりも、自分の身内の女性がソープで働いていることのほうが大問題ですから、大喧嘩や勘当、別れる原因となってしまうことは確実です。
もし家族や彼氏が自分の働いているソープランドに来ることがあったとしても「まあ、●●だって男だから、ムラムラすることもあるよね…」と、男性たちの性癖を認めてあげてくださいね。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP