あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 女性向けソープはまだあるのか?

女性向けソープはまだあるのか?

女性向けソープについて

特集

1.女性向けソープは10年以上前に存在

イスや潜望鏡など業種ならではの接客・サービスのあるソープですが、かつては女性客向けのソープ店も存在していました。10年以上前に、福岡県の歓楽街でありソープ店も多い中洲にお店がありました。90分の総額は30,000円前後と料金は格安・中堅といえる設定となっており、全盛期には30名以上の男性キャストが在籍しています。接客スペースには浴槽・マット・イスなどの設備があり、待合室なども合わせて基本的には一般のソープ店と変わりありません。ただ通常のソープ店と異なる部分はいくつかあります。店内に在籍する男性の顔写真が提示されているのは通常のソープと同じです。ただ待合室で当日出勤する男性と話をするなどしたうえで、選択をできるというシステムが異なる部分です。また一般のソープ店では性行為を行いますが、女性向けソープでは性行為はNGとなっているためお店にあるバイブを使ったサービスを行っています。

2.在籍する男性の負担が大きく 1年ほどで閉店

かつて中洲に存在していたという女性向けソープですが、働く男性にとって負担が大きい・大きく稼げないため離職者が多く、オープンから1年ほどで閉店しています。女性向けソープでは性行為はないものの、お客さんに対する礼儀として1日中ペニスを臨戦態勢にしておく必要がありました。常に笑顔を見せる・相手を気遣う紳士的な対応をしながらも、ペニスを良い状態にしておくのは、精神的・肉体的にかなり負担がかかることです。そのため身体を壊してしまい、退職する男性も少なくありませんでした。また福岡の中洲はホストクラブなど水商売関連のお店も多い歓楽街です。給料は女性向けソープに比べて少ないものの、ホストでもある程度稼げるという自信のある男性はそちらに流れていきます。このようにして男性がほとんどいなくなってしまったため、中洲にあった女性向けソープは早い段階で閉店したのです。

3.女性向けソープはなく現在は女性用風俗が存在

現在では基本的には女性向けソープのようなお店はありません。中洲のお店の失敗・店舗型のソープは費用がかかるといったこともあり、業界の中で女性向けソープのようなお店を運営しようと思う人はほとんどいない状態です。ただ性的マッサージを中心にサービスを行う、女性用風俗は存在していますほとんどがデリヘルのような形態のお店で、女性客が指定したホテルや自宅で接客・サービスを行います。在籍する男性は普段通りの生活をしながら、依頼が入ったら自分の都合に応じて仕事を行うので、女性向けソープと違って身体への負担をかけずに働けることが特徴です。そのため退職者も少なく、しっかりと運営できているお店が多い傾向にあります。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP