あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > ソープ嬢の不正出血について

ソープで不正出血

ソープ嬢の不正出血について

特集

大きい病気の場合は何らかの前兆があります。急に頭がトンカチで叩かれたような頭痛は、くも膜下出血。胸が締め付けれるような苦しさのときは心筋梗塞かもしれません。肛門からの出血は大腸ガンの危険性など、いつもと何か違うなと思ったら早めに病院に行き検査が必要です。

女性の体は複雑で、生理でもない不正出血のときは誰でも不安になりますよね。ソープに限らず風俗嬢は職業柄かなり注意が必要です。

今回は、不正出血ではどんな病気が考えられるのか原因を紹介します。

不正出血の原因は?

不正出血は生理以外に起る出血であり、生理期間であれば問題ないが、生理が終わった後に出血があったり、おりものに血が混ざっていると不正出血になる。しかし、不正出血の中でも良い知らせの場合もある。それは「妊娠」によるものです。ただ、「流産」の可能性もあるため早めに婦人科へ受診しましょう。妊娠の可能性がない方は、ホルモンバランスだと決めつける女性も多くいますが、ソープ嬢では別の病気も考えられます。

【性病】

ソープは本番行為があるお仕事です。コンドーム着用であれば膣の性病になる確率は低いかもしれませんが、コンドーム無し、生中出しの場合、性感染症のリスクは高まります。不正出血で考えられる性病は「クラミジア」です。これは、おりものに出血があり、下腹部に痛みやセックスのときに痛みがあります。また、クラミジアになっている場合はHIVに感染する確率は高くなると言われています。

【子宮筋腫】

子宮筋腫は、月経量が多くなり月経痛を伴います。他に不正出血、腰痛、頻尿の症状があります。

【子宮内膜症】

子宮内膜症は20歳から30歳代の比較的若い女性で起こりやすいと言われています。子宮内膜の組織が増加して、内膜以外に出てきてしまい生理痛が回数を重ねていくごとに酷くなり出血するものです。

【子宮頚がん・子宮がん】

子宮の病気で一番怖いのがこの癌で、不正出血が続いている場合は病気が進行している可能性があります。また、悪臭を伴っているおりものが出るようになります。このような症状が出たら、すぐに婦人科に行く必要があります。

ピルが原因の時もある

生中出しをするソープ嬢は妊娠のリスクがあるため、ピルは常に飲むことになっています。

しかし、中にはこのピルが原因で不正出血が出ることがあります。ですので、不正出血といっても、妊娠や病気になる・最悪癌で死亡する可能性もあるので、少しの不正出血だからと安易に病院へ行かずに放置しておかず、すぐに婦人科に行き原因特定の検査が必要です。

また、無理して止血するために海面を使って出勤する風俗嬢がいますが、性病だったら拡散するので出勤してお仕事するのは止めましょう。オナクラやメンズエステのように脱がないサービスであれば問題ありませんが、検査は常に必要です。

ソープ嬢として稼ぐ事は大切ですが、病気になって働けない、子供ができない体になってしまい後悔することがないように、自分自身で健康管理をしっかりする事が大切なのです。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP