あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 吉原ソープの歴史を徹底解説!

吉原ソープの歴史を徹底解説!

ソープ街・吉原の歴史について

特集

1.吉原発祥の理由は荒れ地改善のため

1617年に日本橋の人形町近辺に江戸ではじめての遊郭が設置されたことが、吉原ソープの始まりです。もともとは昼間に強盗が出るなど荒れ果てた場所であり、遊郭(ゆうかく)があれば少しは改善されるだろうという理由で作られました。多くの人に利用されていたものの、当時の幕府(政府)からは風紀を乱すものとみなされています。海外から来たお客さんが「吉原に行きたい」と言ったときも、「口に出すのも恥ずかしい」「足を踏み入れる場所ではない」と断るなど、できれば隠しておきたいものと考えられていました。

2.売春防止法により遊郭からトルコ風呂に

吉原の歴史において大きな出来事のひとつは、戦後に売春禁止法の影響でほとんどのお店の業態が遊郭からソープの前身であるトルコ風呂に変化したことです。1656年に移転を命じられ現在の吉原となる地域に移ります。ただ1657年に明暦の大火を皮切りに、幕府が政権を取っていた時代には20回以上の大火に見舞われます。大火災や地震などの災害に見舞われながら営業を続けてきたことも、吉原の歴史を語る上で外せない部分といえます。明治以降になるとセレブ層の社交場は芸者街に移り、その影響から江戸時代に比べて規模が縮小されました。そして戦後の1957年に売春禁止法が施行されたことにともない、吉原の遊郭は店を閉める・トルコ風呂に業態を変えるところが多くなりました。トルコ風呂は現在のソープと同じシステムです。

3.バブル景気でソープ店が賑わう

ソープ街・吉原が最も賑わいを見せていた時期のひとつがバブルの時代です。売春禁止法の施行後にトルコ風呂という業態で営業を行っていた吉原ですが、トルコ人留学生から抗議を受けたことが理由で、1984年にソープランドに名称が変わります。その後、日本がバブル期になると、格安・高級など価格帯関係なくソープ店に男性客が押し寄せました。連日多くの利用者であふれかえり、出勤した日は男性客への接客でほとんどの時間を費やしたので、在籍する女性にとっても大きく稼ぐことができました。デートコースなどで女性を長時間連れ出す男性も多く、女性はその分だけ高収入を獲得しています。当時は深夜0時以降に営業していたお店が多い、平日・休日関係なく賑わっていたことから、少しお金を使っても吉原ソープで仕事をすることでそれ以上に給料が入るという感覚で仕事をしていた女性も多く存在していました。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP