あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > ソープの罰金制度の現在

ソープの罰金制度の現在

ソープにおける罰金について

特集

1.罰金を課すソープ店は少ない

ソープでは基本的には在籍する女性に罰金を課すお店はほとんどありません。ただ高級店の中には罰金を徴収するところもあります。高級ソープ店は男性客のお店に対する期待値が高く、お店側もそれに応えるためルールをしっかり課していることが多いです。そのため当日欠勤や無断欠勤・接客やサービスの態度でクレームが来るなど、高級店に在籍する女性としてふさわしくない行動・男性客に迷惑を及ぼしたときは、罰金という形でペナルティーが課せられることもあります。ただ高級ソープ店でもルールを守って真面目に仕事ができていれば、罰金につながるペナルティーになることはほとんどありません。

2.店外デート・無欠などは罰金につながる

ソープ店では店外デート・無断欠勤(無欠)・当日欠勤(当欠)など、罰金につながることもあります。ただお店によっては自分で決めたシフト通りに働くなど基本的なルールを破る、クレームになるような対応をするなどお店に損害を与えることを行ったときに罰金を支払うケースがあります。ソープにおける基本的なルールに店外デートがありますが、これはお店を通さずに男性客とお店の外で出会い、性的なサービスをしてお金をもらうことです。店外デートは本来お店に入る分のお金も女性が一人占めすることにもなるので、場合によっては罰金だけでなく損害賠償などのトラブルになることもあります。またソープ店の男性スタッフとの男女関係も禁止されています。男性スタッフの責任になることがほとんどですが、場合によっては女性にも50~100万円程度の罰金が課せられることもあるので注意しましょう。また当欠・無欠などは部屋の割り当てに影響が出るため、お店に損害を与えるケースになることもあります。ただ事前に連絡があれば問題はなく、1~2回程度では大きな問題にはなりません。常習化する・何回注意しても改善されないときは罰金が発生し、それでも改善されなければ解雇されることもあります。

3.悪質なソープ店では備品の使い過ぎなどの罰金がある

基本的には罰金がほとんど発生しないソープですが、中には言いがかりのような理由で罰金を徴収する悪質なお店もあります。このようなお店では、男性客へのサービス時間が短い・ボディーソープなどの備品の使い過ぎ・生理のズレで欠勤することなどが罰金つながります。場合によっては電話などで脅される・家族に連絡されて罰金を請求されるなど大きなトラブルになることもあるので注意しましょう。面接を担当する店長・男性スタッフがいい加減な態度、求人内容とそのときの話が全く異なっているような職場は悪質店であることもあるので注意が必要です。ただ長く営業を続けているソープ店、男性客への信頼を重要視する高級店などでは、このようなことが起こる可能性はほとんどありません。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP