あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 震災とソープの営業

震災とソープの営業

震災とソープについて

特集

1.ボイラーのあるソープ店のみが営業

東日本大震災の直後、被災にあった地域のひとつである福島県いわきの小名浜にあるソープは、給湯ができるボイラーを設置していたお店だけが営業していました。このエリアにあるソープ店にはお湯を供給していた施設がありましたが、震災の影響で廃業します。長い間営業をしているソープ店も多い小名浜では給湯用のボイラーのあるお店も多く、施設に頼らなくてもお湯をつくることができました。このようなお店の中には、震災直後の混乱がひと段落した後に営業を再開したところも多いです。ただ在籍する女性の中には、出稼ぎで来ていたが放射能が怖くて来なくなった・自分の身の回りの生活が大変でソープで働く余裕がないといった人も多く、震災直後は女性を集めるのも簡単ではありませんでした。そのため浴室を利用できても、すぐに以前のように営業できた訳ではありません。

2.原発などの復旧作業員で賑わいを見せる

震災の影響で大きな被害を受けた福島のソープ店ですが、他地域から来た作業員の利用者が多く、お店自体は賑わいを見せました。原発の復旧に関する仕事をしていた彼らにとって、正確な状況が分からない発電所での作業は危険と隣り合わせです。使命感を持って福島に来ているものの、家族や友人と離れていることなどもあってストレスが溜まり、それを解消するためにソープを利用した人も多いです。また小名浜周辺は津波や原発の影響もあり飲食店なども少なく、数少ない娯楽ということでソープが利用されました。彼らの中には接客・サービスなどは関係なく、厳しい環境の中で女性の人肌に触れられることもソープ店を利用したいと考えることにつながっています。お店も被災しているためベストな状態ではなかったものの、このような理由から福島のソープには数多くの男性が集まりました。

3.ボランティアで近隣の人にお風呂を提供

福島県の小名浜にあるソープ店は、震災直後の時期にお風呂を近隣の人に無料で提供しています。震災の影響でガスなどが止まり、福島など東北地方ではお風呂に入れないという人も少なくありませんでした。沿岸部で近隣に海がある小名浜ですが、海は放射能汚染の危険性があり、ガスなどが使えないこともあり何人もお風呂に入っていないという人も珍しくありません。ソープの中で給湯用のボイラーがあるお店は、地域の中でもお風呂に入れる環境となっていました。そのためソープ店のお風呂を提供することによって、近隣に住む人の心と身体をリフレッシュさせることができました。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP