あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 50歳以上のソープ嬢が働く際の注意点

50歳以上のソープ嬢が働く際の注意点

50歳以上のソープ嬢が注意すべきこと

特集

1. 自分の体力を自覚し無理をせずに働けるお店を選ぶ

ソープで働く50代の女性がイキイキと働くためには、まず体力が衰えていることを自覚することが大切です。年齢を重ねると若いころに比べて体力が落ちるので、1回の接客で疲れを感じることが多くなり、更年期でホルモンバランスが乱れるといったことも重なり、病気・怪我・性病のリスクが増えます。特にソープは性行為など身体の疲れが溜まりやすいことを行うため、これまでの感覚で無理をして出勤を多くすることによって体調を崩し、長い間出勤できなくなることもあります。そのため50代以上のソープ嬢は、完全自由出勤制があるなど無理のないペースで働けるお店を選ぶことが、自分を守る・イキイキと仕事を行う上で重要です。

2. 心の余裕を感じさせる落ち着いた対応が大切

50代の女性がソープ店で人気を獲得するためには、落ち着きのある対応を行うなど、年齢を重ねた女性ならではの心に余裕の感じられる接客をすることが大切です。人妻・熟女と遊べるソープ店を利用する男性客の中には、優しく穏やかな大人の女性と話をして癒されたいと考えている人も少なくありません。そのためまくしたてるように話す・ブスッとした顔をするといった対応をする方は、熟女好きな男性からも嫌われてしまう可能性が高いです。それに対し落ち着きのある対応が出来る女性は、一緒にいて穏やかな気持ちになれるため人気を獲得できます。また50代のように人生経験豊富な女性であれば、それに加えて姉御的な一面を見せる・赤ん坊のように甘えてもらうなど、男性客に合わせた柔軟な対応をするとより良いでしょう。

3. 熟女ソープ店が少ないことを頭に入れる

吉原・雄琴・福原・金津園など全国各地にソープ街が存在し数多くのお店がありますが、50代以上の女性が多く在籍する熟女店は決して多くありません。150軒ほどのソープ店がある吉原は古くからの風俗街であり、年齢層の高い女性が多い老舗店も少なくありませんが、熟女店はその中でも10~15店前後です。このように選択肢が少ないので、体験入店だけで入店を諦めてしまうことを繰り返すと、働けるお店がなくなってしまうので注意しましょう。そのためお店が多くの出勤を強いる・暴力的な男性客が多いなど、自分にとってかなり悪い環境でない限り、体入をしたお店で働き続けることも大切です。50代以上の女性が働けるソープ店を探すときは、このような状況を頭に入れ、真摯な態度で働くことが重要となります。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP