AF(アナルファック)ってプレイ的にどうなの?

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > AF(アナルファック)ってプレイ的にどうなの?

AF(アナルファック)ってプレイ的にどうなの?

AF(アナルファック)ってプレイ的にどうなの?

特集

確実にいるAFファン

AF(アナルファック)に挑戦した事はありますか?
痔になりそう、便が付いて汚さそう、痛そう…と、普通の人からしたらちょっぴりハードルが高く感じられるプレイの一つでもあります。
男性の中にもAFと聞くと顔を顰める人もいますが、しかし「興味がある」「むしろ好き」という男性も意外に多いのがAFです。
風俗の中には、在籍している女性の全てがAF可能、というのをウリにしているお店までああり、AFファンの多さを物語っています。

AFの魅力とは?

まず、第一前提としてアナル、肛門は「大便を排泄する器官」ですので、汚いことは確実なのですが、アナル好きな男性に言わせると、どんなにキレイな女のコでもアナルは汚い物であり、それを見られたり弄られたりして恥ずかしそうにしている姿がそそる、とのこと。
更に、膣とは違った締め付け感に病み付きになる男性も多いそうです。
また、直腸壁を男性器で腹部の側に圧迫することにより、女性側は快感が得られます。

女性側が男性のアナルを責めることも

また、特にSM系の風俗ではよくあるプレイですが、風俗嬢が「ペニバン(ペニスバンド)」と呼ばれる男性器の型が付いた腰に固定するのものを装着し、男性のアナルを責めるというプレイもあります。
男性でも、アナルを責められたがる人は少なからずおり、例えばゲイの人たちの間では、タチよりネコ、掘る側より掘られる側を希望するゲイ男性の方が多いとか。
また、男性は前立腺があるので、そこを刺激される事により快感を得られるとの事です。

AFを楽しむための小道具は?

AFを楽しむためには、まず欠かせないのがアナル洗浄ポンプとローション。
アナル洗浄ポンプがない場合は、シャワーの取っ手を外して腸内を洗浄するのに使用する人もいるそうですが、衛生上良くありません。きちんとアナル洗浄ポンプを使用するようにしましょう。
そして、必ずコンドームを着用し、ローションを使用しましょう。

アナルプレイに使用するおもちゃは、上記のペニバンはもちろん、ボール状の球がいくつも連なっている棒状のアナルパール、アナルに使用するためのアナルバイブ等があります。

AFをするときに注意したい点

AFをする場合に気をつけたい点は、きちんと洗浄を行うこと。
AFはプレイ前に肛門や腸内を清潔にする必要がありますので、アナル洗浄ポンプ等を使用してきちんとキレイにしてから行うようにして下さい。
また、必ずコンドームを使用して行って下さい。
大腸内は雑菌がウヨウヨいますので、いくらキレイにしたつもりでも、ナマで行ってしまうと尿道炎等を引き起こす原因となります。
そしてそして、ローションも必ず使用するようにして下さい。
直腸からは分泌液がでませんので、ローションを使用しないと腸壁を傷つける原因となります。

初めてAFに挑戦する際には

風俗業を行う上でも、AFが出来るとAFファンのお客さんの指名をとることができますので有利です。
しかし、初めてAFに挑戦する際には、しっかりとした事前の準備と注意が必要です。

まず、AFを行う前に、指にコンドームを付け、たっぷりとローションを塗って肛門を広げる練習をしましょう。
最初は指1本、慣れてきたら2本、3本と増やしていきましょう。
これは、初めてAFを行う時にやっても良いのですが、突然だと緊張してしまいがちですので、事前に一人もしくは誰かと指で広げる練習をしておいた方が賢明です。
というのも、アナルは緊張すると硬くしまってしまい、男性器を挿入できなくなってしまいますので、リラックスした状態で行う必要性があるのです。

指が何本も入るようになったら、いよいよAFデビューです。
それでも最初は痛いかもしれませんが、慣れてくると気持ち良くなってきた、という女性は多いようです。
売上げアップにも繋がりますし、頑張って挑戦してみる価値はありそうですね!

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP