あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > お茶を挽いて病んでしまったら…

お茶を挽いて病んでしまったら…

お茶を挽いて病んでしまったら…

特集

風俗のお仕事をしていてイヤになるのが「お茶を挽いてしまったとき」。


我慢して風俗のお仕事をしているのに、それですら働けないなんて…と思うと悲しくなってしまいますよね。
でも、お茶を挽いてしまうのはもう事実として受け止めて、頑張っていくしかありません。


せっかくなら、お茶を引くとどうして気持ちが病んでしまうのかを冷静に考察して、どうして行けば自分がお茶を挽かずに済むのか、もしお茶を挽いてしまったときに気持ちが病まないようにするためにはどうしたら良いのかを考えてみましょう。

◎どうしてお茶を挽くと気分が病んでしまうのか

お茶を挽くと気分が病んでしまう原因は、単純に「稼げないから」というのが一番大きいですよね。
風俗のお仕事なんてしたくない、でもお金を稼ぎたいので仕方なく頑張っている、という風俗嬢はたくさんいます。

たくさんいる、なんていう程度ではなく、ほとんどの風俗嬢がそう考えているかもしれません。風俗のお仕事なんてしたくないのに、お金のために頑張って働いているにもかかわらず、お客さんがこないので仕事が出来ない…お客さんが来ないと仕事ができないので、待機所でお茶を挽くしかない…。
この場合、「お金が入ってこない」ということだけではなく「お茶を挽いている」、つまり「お客さんに自分は選ばれていない」→「女として劣っているからお客さんに選ばれない」という図式が出来上がってしまいますので、自己肯定感が揺らいでしまいます。


更に「お客さんが来ないので仕事ができない」→「待機所でお茶を挽くしかない」ですが「待機所でぼーっとしているぐらいなら家に帰りたい、でも帰れない」→「一日待機所にいたのにお客さんが来なかった」→「時間を無駄にした」→「人生を無駄にした」→「私、なにしてるんだろう…」という風なくらい思考回路になってしまうわけです。


極端な話、お茶を挽くことによって、女としての自分や自分の人生についての自信を喪失してしまい、それが続くことによって気持ちがどんどん病んでいってしまうわけです。

◎お茶を挽いても気持ちが病まないようにする方法

つまり、お茶を挽く=自分に価値がない、自分の人生に価値がない、という風に考えてしまうから病んでしまうというわけなので、気持ちが病まないようにするには、自分の生活を「充実している!」という風に実感できるようにするしかありません。


「でも、毎日ただお店に出勤してお客さんを待っているだけの生活を充実しているなんて思えない…」という風に思わないように。自分の生活を充実したものにできるかできないかは、自分次第なのです。

例えば、お店の待機所でずっとお茶を挽いてぼーっとしているなんて…と考えるなら、そのお茶を挽いている時間を有意義なものに変えてはいかがでしょうか。


一番良いのは、趣味の時間とすることか、勉強の時間にすること。個室待機や外待機ができるお店であれば、更に自分の自由に時間を使えますので、自分磨きにはもってこいです。
集団待機だと難しい、と思われるかもしれませんが、耳にイヤホンでも突っ込んで好きな音楽を聴きながら何かをしていれば、集団待機もそこまで気にならなくなるかもしれません。


もし、それで同僚の風俗嬢から「感じ悪い」と思われてしまうようであれば、先に一言「ごめんなさい、私、今日はこれをちょっとやりたいんで」「勉強しなきゃいけないんです」と断りを入れれば大丈夫。

もしイヤミを言ってきたり、邪魔してきたりするような意地悪な風俗嬢が多いようなお店であれば、むしろそういった風俗嬢と会話をし続けるのも気持ちが病む原因になりますから、さっさとお店を移ってしまったほうが良いでしょう。


日常生活の中で、何か一つでもしっかり出来ていれば、そのやり遂げた感は充実感に繋がります。充実感を持てれば、それは自己肯定感と直結していますから、毎日朗らかに過ごすことが出来るでしょう。

◎太陽の光を浴びて気分転換!

お茶を挽いてしまい、気分がクサクサしてどうしようもない…そんなときには、晴れ間を見つけて日光浴をしましょう。シミやシワが気になるから、なんて言わずに、美白派の風俗嬢もこのようなときだけは日光浴するようにしましょう。

日光を浴びると、脳内でセロトニンという物質が生成されます。セロトニンは、体内リズムを整えてくれたり、快眠をサポートしてくれたり、更に気分を上向きにしてくれる物質です。
そうは言っても、東北は日照時間が少ないですが、曇りや雨の日でも窓際で外からの光を浴びれば、晴れの日ほどではないにしろ、脳内でセロトニンは生成されるそうです。

セロトニンを味方につけて、お茶を挽いても病まない強い風俗嬢になりましょう!

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP