あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 風俗嬢の憂鬱状態、それってもしかしてPMS・PMDD症状かもしれない!

風俗嬢の憂鬱PMS症状

風俗嬢の憂鬱状態、それってもしかしてPMS・PMDD症状かもしれない!

特集

風俗のお仕事をしていると時々、気分が落ち込んだり、急に涙が出たり憂鬱な気持ちになる女性もいます。「やっぱり風俗で働いているから鬱っぽくなるのかな…」など、自分は鬱病なのかもしれないと考えてしまう…。しかし、本当に鬱病の傾向がある人は自覚症状がないことが多いです。

特に女性の場合、そのような精神状態が不安定の大きな原因は、女性ホルモンが関係してると言われています。中でも特に精神的不調が重く、日常生活や社会生活に支障をきたすほどの状態をPMDD(月経前不快気分障害)といいます。生理前のほぼ2週間前に起こる身体と精神の不調。

今回はまだあまり知られていないPMS・PMDDについてご紹介します。

PMS・PMDDが起るメカニズム

PMS・PMDDの原因は明らかになっていませんが、冒頭でも述べたように女性ホルモンが関与しています。
女性ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンが分泌される時期が関係しているのです。プロゲステロンが分泌される黄体期の期間は、基礎体温を計ると少し高めになる時期のことです。

この分泌されるプロゲステロンの影響により、低血糖症を発症しやすくなるため、身体や精神状態になんらかの不快な症状を伴うPMSが起きるとわかっています。

PMS・PMDDは症状が違う

典型的な「PMS」では、頭痛、便秘、苛立ち、不眠、など身体の精神の様々な不調に悩まされます。しかし、精神的不調は、軽減に止まり、生理が終わる頃には治ります。

一方で、「PMDD」は、生理前になると暴力的になったり、場合によっては自殺願望、生活に支障をきたすレベルにまで精神状態が悪化します。原因は同じでも別の疾患。症状は個人差はありますが、PMDDは生理の1週間前から、時に2週間前から始まります。PMSと比べると症状の期間が長いのが特徴です。

PMSもPMDDも同じ辛い疾患ですが、PMSは精神的には軽度です。しかし、PMDDはうつ状態になり会社に出社できないレベルまで精神症状が悪化してしまうのです。
PMSの場合、生理が終われば治りますが、PMDDの場合は専門医院又は婦人科医にかかることが必要となるほど厄介な症状です。

症状を少しでも軽減させる食べ物

PMS・PMDDの症状の中で精神疾患が挙げられますが、様々な症状があります。時には、それが鬱の症状に似ていることから、もしかして鬱かもしれないと気になることでしょう。しかし、鬱病かもしれないと心療内科で診察してもらい、抗鬱剤など処方されるだけで、一向に改善されないことがあります。

その場合、日頃の食生活を見直しましょう。鬱状態が続くようであれば、ビタミンB6の栄養素を摂取すると良いですよ。マグロ、レバー、豚肉、ニンニクなどの食品に多く含まれています。また、生理中に貧血気味になることがありますが、ビタミンB6は貧血対策にもなるんですよ。セロトニンを増やしてくれるので、抗鬱効果が期待できるためオススメです。

いかがでしたでしょうか。鬱病と自己判断せず、まずは生理前時期に必ず不快症状がある場合はまず、PMS・PMDDを疑ってみましょう。酷いときには我慢せず、婦人科に相談することもオススメします。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP