あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 独占欲が強い勘違い客を上手にコントロールして太客に!

独占欲が強い勘違い客を上手にコントロールして太客に!

独占欲が強い勘違い客を上手にコントロールして太客に!

特集

人気のソープ嬢であればあるほど、気持ちの悪い勘違い客は多くついてくるものです。
人気ソープ嬢は愛想も良く、気配りもできるため、女性慣れしていない男性は特にソープ嬢に夢中になってしまい、ソープ嬢と客の関係性を忘れてプライベートな恋愛感情に持ち込みたがってしまう節があります。
風俗で遊び慣れている男性や、女性慣れしている男性は、良くも悪くも「ソープ嬢と客とはお金が発生している関係であり、ただの遊びであること」「ソープ嬢の優しさはお金が発生しているからのプロフェッショナルな優しさであること」を理解した上で遊んでいるので、面倒なことにはなりにくく、むしろ逆に素っ気なさ過ぎるとソープ嬢が感じてしまうほどです。しかし、風俗慣れしていない男性や、女性慣れしていない男性はそれを理解していないため、ソープ嬢に入れ込んだ挙句、困り果てたソープ嬢がNG客として出禁にしたり、はっきりと交際を断ったりすると「裏切られた」と逆恨みされてしまうことになります。

独占欲が強いお客さんに諦めてもらう方法

独占欲が強いお客さんの気持ちに特に火をつけてしまうのが、色恋営業をするソープ嬢です。もちろん「彼氏がいる」と一々お客さん全員に言って回る必要はありませんが、お客さんに「俺でもこのソープ嬢の彼氏になれる可能性があるかも!」とはっきり思わせてしまうと、独占欲が強いお客さんはそのソープ嬢に対してますます入れ込んでしまう可能性が高いです。男性は、自分が明らかに無理そうな女性には頑張りません。「いけそう」と思わせるからガッツキ客となってしまう場合がほとんどです。
あまりにもビジネスライクだと常連になっては貰えませんが、あまりにも色恋営業をし過ぎると勝手に恋人認定されてしつこくされたり、ストーカー化されたり、またソープ嬢を自分だけのものにするために風俗系のインターネット掲示板にわざと悪口を書かれて他の客を遠のけさせようとしたり…という厄介な自体に発展してしまうこともありますので、注意が必要です。

色恋営業、どこまでがボーダーライン?

そうは言っても、全く色恋営業をしないとお客さんは付いてきてはくれませんので、ある程度は必要です。
あまりにもベタベタし過ぎたり、相手を褒め過ぎたり、相手に合わせ過ぎると「いけるかも」と思わせてしまいますから、常に「私はお仕事としてソープ嬢をしています」という事実で相手に圧を掛けておく必要はあります。
例えばプライベートを尋ねられたときに、全てベラベラと喋らないで「そうですね、まあ、そんな感じですねぇ…」といったように適度にはぐらかしてみたり、彼氏がいるのか尋ねられても「いたりいなかったり、ですかね」というように、時折微妙な受け答えをするようにすると、お客さんは「ああ、このソープ嬢はお仕事モードだな」と内心気付きます。
でも、やり過ぎると「ビジネスライク過ぎて冷たい、感じが悪いソープ嬢だな」と思われてしまいますので、さじ加減は重要です。なるべく明るく楽しい感じで気さくにお喋りしながら、時折ピシャッと跳ね除ける感じが一番丁度良いのではないでしょうか。

「一緒にいて楽しい」と思わせたら、色恋し過ぎなくても太客になってもらいやすい

「そんなこと言っても、色恋営業しないと常連さんは作れない」と思い込んでいませんか?
そんなことはありません。色恋し過ぎなくても、常連さんは作ることができます。常連さんは、そのソープ嬢と過ごす時間が楽しい、価値があると思えば裏を返してくれるものです。例え恋人ではなくても、楽しいお友達感覚でエロいことが楽しめるソープ嬢という存在は、お客さんからしたら非常に素敵なものとなるのではないでしょうか。恋人のふりをしてお客さんのご機嫌を取らなくても「一緒にいて楽しいソープ嬢」という新しいカテゴリ枠をお客さんの人間関係の中に作ってもらえるように気をつけてみてはいかがでしょうか。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP