正しいお白湯(さゆ)の作り方と女性に嬉しい効果をご紹介します。

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 正しいお白湯(さゆ)の作り方と女性に嬉しい効果

正しいお白湯(さゆ)の作り方と女性に嬉しい効果

正しいお白湯(さゆ)の作り方と女性に嬉しい効果

特集

白いお湯とかいてお白湯(さゆ)。

一度は耳にしたことがあるかと思いますが、中華料理の白湯(パイタン)ではありません。

水を沸騰させて、飲みやすい温度まで下がったもの。

つまりお湯です。

そのなんでもないお湯が、実は女性にとって健康にも美容にも良いって知っていましたか?

本当にただのお湯なのか、どんな効果があるのか、ご紹介します。

白湯とは

白湯とは、つまり普通のお湯のこと。

正確には、沸騰させたお湯を飲める温度まで冷ましたもので、「湯冷まし」とも呼ばれています。

一度沸騰させているため、普通のお水よりも口当たりが滑らかになっています。

正しいお白湯(さゆ)の作り方

やかんか鍋に水を入れ強火で沸騰させます。
やかんは蓋をせず、湯気があがるように。
沸騰したら弱火にし、15分ほど沸かし続けます。
飲める温度まで冷めれば出来上がりです。

鉄瓶

本格的にされる方は、鉄瓶で白湯を作ります。

鉄瓶でお湯を沸かすと鉄分が含まれた白湯になり、その鉄分はレバーよりも吸収されやすいそうです。

また、鉄瓶で作った白湯のほうが、口当たりが滑らかになるそうです。

女性に嬉しいお白湯の10個の効果

1.痩せやすくなる

白湯を飲むことで内臓を温めることになり、全身の血の巡りがよくなります。

体内温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がるといわれていて、脂肪が燃焼しやすい身体になるということです。

2.内臓疲労の回復

白湯は内臓にとって負担が少ないと同時に、内臓が温められ、内蔵の機能が活発になることにより内臓の動きが改善されます。

3.体内のデトックス効果

お風呂で身体をお湯で洗い流すように、内臓をお白湯で洗い流すイメージです。

もし、お白湯が苦く感じたら、毒素が溜まっている証拠です。

体がデトックスされると、お白湯が少し甘く感じるようになります。

4.体内の水分の浄化

血液の流れやリンパの流れをスムーズにし、体内の水分を浄化します。

利尿効果もあり、むくみなども解消します。

5.ドロドロ血の改善

白湯を飲むことにより、水分補給と同時に血行もよくなり、血液の流れもスムーズになります。

6.便秘改善

便秘は、便の水分不足によっても起こります。

内臓の働きを良くし、負担の少ない水分を摂ると、便は出やすくなります。

7.スッキリ目覚められる

朝、身体の機能をしっかり動目覚めさせるには、体温を上げる必要があります。

白湯を飲んで血行を良くし、脳や内臓、手足の先まで暖かい血を巡らせましょう。

低血圧の方に特におすすめです。

8.体温を上げて免疫力を高める

身体中に暖かい血が巡ると、体温が上がります。

体温が上がると免疫力が高くなり、病気を寄せ付けない身体になります。

9.冷え性に

血行を良くし、手足の先まで暖かい血が巡りますので、もちろん冷え性にも最適です。

10.鉄の効果

女性の悩みの一つである、貧血などの鉄分不足。

鉄分は食べ物からの摂取が難しいといわれているのですが、鉄瓶で作った白湯には鉄分が含まれ、またその鉄分は身体に吸収されやすいそうです。

お白湯を飲むタイミング

【朝起きてすぐ】

朝一に白湯を飲んで、体を中から温めて体を起こすと同時に代謝を上げてくれます。

【食事のとき】

食事をしながら、少しずつ飲みます。

胃腸を温めるので、活発に働いて消化がよくなります。

【就寝前】

寝る前に白湯を飲むことで、体が温まり、リラックス効果があると同時に、寝つきもよくなります。

また、便通は朝の方が多いと思いますが、翌朝の便のためにも白湯がいい働きをしてくれます。

1日に飲む量

白湯は1日700ml~800mlまで。

コップで4、5杯です。

それ以上飲むと、体とってに必要な要素まで洗い流してしまうので、かえって健康を損なう恐れがあります。

ご注意ください。

まとめ

こんなにいいことだらけのお白湯が、ほぼ無料(わずかな水道代 電気代 ガス代のみ)で簡単に手に入るなんて素敵ですよ。

今日からでも作れるお白湯で、健康的で美しい身体を作りましょう。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP