あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 梅雨の時期にお腹を壊しがちなソープ嬢、これはNG!

梅雨の時期にお腹を壊しがちなソープ嬢、これはNG!

梅雨の時期にお腹を壊しがちなソープ嬢、これはNG!

特集

梅雨の時期になると、毎年お腹を壊しがちになる、というソープ嬢は、自分の生活を一度見直してみたほうが良いかもしれません。もしかしたら、何気なくしている習慣が、梅雨の時期の腹痛や下痢の原因となっているかもしれないのです。
梅雨の時期はジメジメしていて湿度が高く、気温も夏に向けて徐々に暑くなっていきます。そんな気候の中、菌は繁殖しやすくなり、食べ物は痛みやすくなります。環境的に、体調不良に繋がりやすい季節ですので、あまり油断をしないで日々充分気をつけながら生活していかないと、思わぬ体調不良に繋がってしまいやすいものです。ソープ嬢の中には、普段の日常生活がかなりズボラなタイプの女性もいるかもしれませんが、せめて梅雨の時期には少し気をつけたほうが良いかもしれません。

梅雨の時期の湿度から来る下痢や腹痛

梅雨の時期の湿度は、それだけでも下痢や腹痛といった体調不良の原因となります。
湿度が高くなると、皮膚の表面ににじみ出た汗が蒸発しづらくなります。そうなると、水分がなかなか体の外に排出されにくくなり、体内に留まってしまいます。体内に留まった水分は、下痢を引き起こしたり、またイヤ~なむくみとなってソープ嬢を悩ませます。
また、梅雨の時期には気圧が低下し、この気圧の低下がヒスタミンという物質を分泌させます。ヒスタミンは偏頭痛を引き起こす原因としても知られていますが、そのほかにも血管を拡張させたり、血管から水分を染み出させてる作用があることでも知られています。
ヒスタミンにより血管から染み出した水分は、皮膚のしたに余分な水分となって溜め込まれ、むくみとなります。
体内に水分が溜め込まれた状態でいると、体は冷えやすくなり、気分が悪くなりがちになったりといった症状が現れてしまうことも。
これらを防ぐためには、エアコンで除湿モードにして室内の湿度を下げたり、水分の取り過ぎを控えるようにする、利尿作用の高い、カフェイン入りのお茶を飲んだり、カリウムの入った食べ物を食べて水分を外に出すようにするなどすると良いでしょう。

腐ったものを食べないように注意!

梅雨の時期は、細菌の繁殖に非常に適した時期であるため、通常よりも細菌が繁殖しがちです。食品の賞味期限、消費期限はきちんとチェックし、守って食べることで食あたりを防ぎやすくなります。
また、賞味期限内であったとしても、適切な管理温度を守れていないと、細菌はすぐに繁殖してしまいます。生ものは、買ってきたらすぐに冷蔵・冷凍して保存しましょう。
また、料理をよくしているソープ嬢の中には、冷凍しておいた食品を解凍する際、室温で解凍する方も多いとは思いますが、その際にも梅雨の時期は室温で放置せずに、電子レンジの解凍モードで解凍したほうが、細菌の繁殖を考えると良いでしょう。
包丁・まな板の殺菌や、手洗いにも注意して下さい。いくら新鮮な食品を使用していても、手や調理器具に菌がついていたのでは意味がありません。
調理した食べ物は、なるべく早めに食べるようにしましょう。過去には、卵かけご飯を1時間放置した後食べて、サルモネラ菌に感染して死亡した例も報告されていますので、気をつけるようにしてください。

カビた部分を削り取っても危険!?

よく、パンなどでカビが生えてしまっていても、カビたところを削ってしまえば食べて大丈夫だと言う人もいますが、それは大きな間違いです!
目に見えてカビている部分以外にも、目に見えないカビの菌糸が伸びている場合は多いもの。一部分にカビが発生してしまっている食べ物は、潔く捨ててしまったほうが良いでしょう。後でお腹を壊す原因となってしまうかもしれません。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP