あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 過去に「梅毒」に感染していたらソープ店に伝えるべき?

梅毒はソープ店に伝えるべき?

過去に「梅毒」に感染していたらソープ店に伝えるべき?

特集

梅毒という性病をご存知かと思います。性的な接触によって移る感染症です。感染してからすぐには症状が現れないため、わかりにくいのが厄介。感染から約3週間経ったくらいに、感染した場所にシコリができます。更に数年放置した場合、進行が進んでしまうと最悪死に至ることもあります。
ソープ嬢の中には、過去にそんな梅毒に感染した女性もいます。しかし、梅毒は完治するため治療を終えた女性もいます。ただ、移籍やソープ初心者がお店に面接に行く際、自分は梅毒であった過去をお店の人に伝えた方がいいのか?疑問に思うことでしょう。そこで今回は、ソープで梅毒についてどうするべきかご紹介していきたいと思います。

ソープで気をつけなければならない梅毒

梅毒はオーラルセックスでも感染します。粘膜感染ですので、ソープランドに限った感染症ではありません。しかし粘膜接触が多いソープ嬢は、気づかないうちに感染している場合があり、そのまま放置すると感染を他のお客さんに広げてしまいます。ですので「梅毒かもしれない…」と思ったらすぐに検査を受けましょう。重症科してしまうとHIVにもかかりやすくなってしまい、体の負担も大きくなり非常に危険です。
ソープランドは風俗で一番稼げる仕事です。しかし、高級店になるにつれNSが当然のお店もあります。もし、梅毒が心配で少しでも避けたいのであればS着ソープで働いてもいいかもしれません。ただし上記で書いたように、オーラルセックスでも感染するため、お客さんが梅毒ではないかしっかり確認することが必要です。梅毒の症状は陰部だけでなく体のさまざまな場所に、うっすら赤い発疹ができています。接客前に、確認することができれば梅毒を事前に防ぐことができるのではないでしょうか。

梅毒は早期発見、早期治療で完治する

梅毒にかかったとき、真っ先に思うことは完治するのかどうかですよね。
梅毒は昔、不治の病とされていました。冒頭で書いた通り、10年近く患っていると死亡する病気でした。しかし現在では、ペニシリンという新薬が開発され不治の病ではなくなりました。ペニシリンを10日間投与すれば完治しますが、感染から年数が経っていると再発してしまう確率が高くなります。ですので、梅毒検査で陽性が出てしまった場合、すぐに婦人科か性病科に行きましょう。しっかり定期的に病院に行くことで梅毒を早期発見することができ、完治させることができます。

移籍したら面接で梅毒であったことを話すべき?

梅毒が完治していても、抗体は残っているので面接時に相談する形で話した方がいいでしょう。
ただ、お店によって偏見をもったり贔屓する可能性もあります。一つの店舗に絞らず、何店舗か面接に行き、受け入れてくれるソープランドは必ずあります。また、お店はそこまで梅毒について気にしていない傾向にあるソープ店は多いです。完治しているのに、わざわざ過去に梅毒になったからといって拒否をし続けていたら、在籍の女の子が減り経営破綻してしまいます。ですので、しっかり治療をして完治しているのであれば、働けるソープランドはたくさんあるのでそこまで心配することはないでしょう。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP