整形をしたいソープ嬢は要注意! ソープ嬢が整形する際に注意したい点は?

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 整形をしたいソープ嬢は要注意! ソープ嬢が整形する際に注意したい点は?

整形をしたいソープ嬢は要注意! ソープ嬢が整形する際に注意したい点は?

整形をしたいソープ嬢は要注意! ソープ嬢が整形する際に注意したい点は?

特集

ソープ嬢の中には、一般女性よりも美意識が高い女性がたくさんいます。
それというのも、容姿の美しさがダイレクトに自分の収入に響いてくるのが風俗のお仕事ですから、自分の容姿を磨くこと=収入となるため、風俗のお仕事をしていない一般女性よりも、もちろん美意識は高くなるというわけなのです。
美意識が高いソープ嬢は、日頃からスキンケアやボディケアに多くのお金や時間を注ぎ込んでいることと思いますが、いくら高い美容器具を購入したり、化粧品を使ってみても、家でのケアだけでは限界があります。
そこでエステやジムで更に自分磨きをすることになりますが、それでもやがて物足りなさを感じるようになります。
美を追求する心には際限がありません。そんな女性たちが最終的に行き着くところが「整形」です。
しかも、ソープ嬢高給取りなので、一般女性だとやりたくてもなかなか手が出ないような整形手術の費用も、なんとか捻出することができます。そこに「美しくなれば更に収入もUPするかも」という自分への言い訳が加わるため、風俗嬢、ソープ嬢で整形手術をする女性はかなり多いようです。

ソープ嬢が良くする整形手術は?

二重の切開手術等は、一般的にも、そしてソープ嬢にも最も人気がある手術です。
二重手術はもっとも手軽にできて、一目で顔の印象がぐっと変わる手術であり、更に料金も他の整形手術に比べて比較的安価にできるため、真っ先に二重手術を行うソープ嬢は多いようです。
そして、ソープ嬢だと学生や昼職で働く女性に比べて、お休みを取るのにも自由が利くため、比較的ダウンタイムの長い整形手術でもする人が多いとか。
鼻にシリコンを入れたり、顎を削ったり、また豊胸手術や脂肪吸引をするソープ嬢も多いようです。

整形したいソープ嬢はここに注意!

整形したいと考えているソープ嬢がまず第一に注意しなければならないのが、傷口から病気が入らないようにすること。
整形をした後、お金を稼ぎたいからなるべく早くお仕事に復帰したい、という気持ちは分かりますが、しかし傷口がきちんと塞がらないうちに再び働き始めることは絶対にやめましょう。
整形をすると、種類にもよりますがダウンタイムは少なからずあります。その期間は、体にダメージがあり、更に傷がある状態ですから、当然免疫力も下がりがちとなります。
直接風俗のプレイに関係なさそうな場所を整形手術したとしても、いつ傷口が開いたり、いつ傷口から病原菌が入り込むかはわかりません。
特に性病に感染する危険性は高くなります。
ですから、傷口が塞がるまではお仕事をしないように心掛けましょう。
また、性病以外でも、整形することによって、例えばシリコンを注入したりと体の形を整えていくわけですから、もしプレイの最中にその場所に圧力が掛かったりすると、せっかく綺麗に手術で整えてもらった箇所が歪んでしまう可能性も高いです。
手術直後の手術箇所は、安定していませんので、ちょっとの衝撃で注入物がズレてしまったりしがちです。また、風俗のお仕事をすることで痛みが出てしまう場合もあります。
ですから、手術箇所の傷がしっかりと修復し、安定して定着するまではソープのお仕事は控えたほうが良いでしょう。

整形手術をするときには、ソープ嬢の仕事のことをお医者さんに伝えるべき?

自分がソープ嬢であることは、できるだけ他人に知られたくない、と考えるソープ嬢もたくさんいると思いますが、しかし整形手術をする場合は、お医者さんや看護婦さんにはその事実は必ず伝えるようにしましょう。
ソープのお仕事は特殊な肉体労働的なお仕事ですから、整形の際に特に注意すべきポイントがたくさんあります。それらの可能性をお医者さんが分かっているかいないかで、処置も変わってきますので、整形時には恥ずかしがらずにきちんと相談しましょう。
ダウンタイム等のことについても、丁寧に相談にのってくれると思いますよ。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP