季節の変わり目には感染症に気をつける。女性は特にカンジダ膣炎に注意を。相当なかゆみを伴い、おりものもいつもとは異常なものになる。免疫力の低下、ストレス、疲労などが原因なので、疲れているときはしっかり休むなどを心がけることが大切。

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 季節の変わり目には感染症に注意を

季節の変わり目には感染症に注意を

季節の変わり目には感染症に注意を

特集

季節の変わり目を迎えるこの時期は体調を崩しがちです。風邪などを引いてしまうかたも多いと思います。しかし、女性は風邪などの備えも大切ですが、感染症にも十分気をつけてほしいところです。

カンジダ膣炎

最近この「カンジダ膣炎」という病気を持っている女性が増えています。このカンジダ膣炎は性病と勘違いされやすいですが、これは感染症の一種です。性病は性行為があって発症する病気ですが、カンジダ膣炎は性行為がまったくないとしても発症する病気です。

元々カンジダ菌とは皮膚や腸などにあります。実はカビの仲間でもありますが、これは人間ならば誰でも持っている菌です。この弱い菌が増えすぎてしまったことが原因で起こるのが、カンジダ膣炎です。

実は女性なら5割の人が、このカンジダ膣炎を経験します。割と知られている感染症なんです。

どんな症状が出るのか?

主な症状はかゆみとおりものがいつもと違うということです。

かゆみはかなりのかゆみを伴い、外にいてもかくのを我慢できない程のレベルなので、かなり辛いです。あまり強くかきすぎると、陰部の皮膚はデリケートのため傷つきます。そうなると炎症を起こしてしまい、今度はそれが痛みとなって発症してきます。

おりものはお粥みたいな状態やチーズ状になったり、白く濁ったものなど、明らかにいつもと違う状態になります。また、おりものが増えることもあります。

原因はなんなのか?

主な原因は免疫力の低下です。そのため気温の変化がある季節の変わり目には注意が必要です。免疫力が低下すると、カンジダ菌は一気に増える傾向があります。風邪を引いているときは症状が出やすいです。また、ストレスや疲労、生活習慣も関係しています。下着やナプキンのすれなどが原因で起こることもあります。

カンジダ膣炎になったら

まずは、婦人科か産婦人科に行くこと。妊婦さんでもなりやすいので、産婦人科でも対応してくれます。治療は膣内を清潔にし、カンジダ菌を抑える薬を処方してくれます。

最近では市販の薬もありますが、これは1度カンジダ膣炎になった人用向けです。最初になった際は、必ず病院に行くことをオススメします。

実はこのカンジダ膣炎は再発しやすい病気です。1度カンジダ膣炎と診断されたら、その後も発症する可能性は高くなります。

予防方法

お風呂に入る際は必ずデリケートゾーンを洗うようにし、石鹸などの泡が残らないようにきれいに流しましょう。また、生理中のナプキンの交換はこまめにするように。疲れ気味なときはしっかり休み、ストレスを感じているときはストレス発散をすることが大切です。身体を冷やさないことも大切ですよ。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP