あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 夏場の冷たい食べ物・飲み物の飲みすぎは美容にも健康にも悪影響!?

夏場の冷たい食べ物・飲み物の飲みすぎは美容にも健康にも悪影響!?

夏場の冷たい食べ物・飲み物の飲みすぎは美容にも健康にも悪影響!?

特集

暑い夏、ついついそうめんや冷やし中華といった冷たい食べ物や、氷の入った冷たいお茶やコーラ、カルピスなんかをがぶ飲みしたり、アイスクリームやシャーベットといった冷たいスイーツを食べたりし過ぎていませんか?
夏場の炎天下の下を歩いた後などは、とにかく冷たいものを食べたい・飲みたい気持ちは分かりますし、熱い食べ物なんてとんでもない、考えただけでも食欲がなくなっちゃう…という気持ちも分かります。
しかし、だからと言って冷たい食べ物や飲み物ばかり飲み食いしていると、健康にも美容にも最悪なんです!
特に、ソープ嬢の皆さんはお仕事柄裸でいなければならないことも多く、体を冷やしてしまいがちですから、冷たいものの食べ過ぎ・飲み過ぎには充分に注意して下さい。

暑い夏なのに、どうして冷たいものを食べたり飲んだりするのが良くないの?

真夏はとにかくあついので、冷たいものを飲み食いして体温を下げるのは一見良さそうに思えます。
特に、熱中症や日射病などにもなりがちですし、そうなるとやはり体を内側から冷やしたほうが良いのでは?と思いがちですが、しかしそれは違います。
確かに、水分はたっぷり取るべきですが、氷の入った飲み物を大量に飲むのは、本来ならNGなのです。

体温を高く保っていると、血行が良くなり、胃腸や細胞がよく働くようになります。
そうなると、体への水分の吸収率が高まるため、水分を摂取したときに細胞が水を補給しやすくなります。
逆に、冷たい物ばかり飲み食いして体が冷えてしまった場合、血行が悪くなってしまうため、細胞の働きが鈍くなってしまいます。そうなると、体が水分を上手に吸収してくれなくなってしまうため、いくら水分を摂取しても体が吸収しないという状態になってしまいます。

冷たい飲み物・食べ物は肌荒れ・むくみの原因にも!

冷たい飲み物を大量に飲んでしまうと、むくみの原因にもなってしまいます。
更に体内を冷やしてしまうと、内臓機能の働きを低下させてしまうため、胃腸の働きも弱まり、夏バテにもなりやすくなってしまします。
また、内臓が冷えれば冷え性にも繋がりますし、そうなってしまうと新陳代謝も低下し、お肌にも最悪です。
そして、冷たい物を飲み食いし過ぎるとお腹を壊してしまい、体に必要な栄養素も摂取できません。

夏場でも、美容と健康を気にするなら「白湯」を飲むのがオススメ

夏場でも、夏バテ知らずの健康な体と美肌を手に入れたいなら、なるべく冷たいお水ではなく「白湯」を飲み、体を温めるのがオススメです。
白湯を飲むのは、喉が渇いたときに飲むのではなく、一回にコップ一杯、200ml程度を数時間ごとに何度も飲みましょう。
できれば、一日に2L以上のお水を飲むと健康と美容に良いと言われています。
さすがに真夏に白湯を飲むのはちょっと…という場合は、冷蔵庫で冷やした氷の入ったお水ではなく、せめて室温のものを飲むようにしましょう。
甘い飲み物はついつい糖分を取り過ぎてしまう原因となってしまうため、NGです。カロリーゼロの飲み物も、人工甘味料等体にあまり良い影響を与えないものがたくさん入っているため、飲まないようにしましょう。

また、ご飯も冷たいものばかり食べるのではなく、温かいものを食べるようにしましょう。夏場にカレーを食べるのが推奨されているのは、カレーは温かい食べ物である上にスパイスで食欲を増進し、更に新陳代謝を活性化してくれるためです。他にも、あえて体を温めてくれるようなメニューを食べることをオススメします。

夏場の屋内はクーラーをガンガンにかけて冷え冷え状態になっていることが多く、炎天下の室外から室内に入った瞬間は天国かもしれませんが、そこで長時間過ごしていると、クーラーの効果で体は芯から冷え切ってしまいます。
せめて食べ物や飲み物で、体を内側から温めてあげたほうが、健康にも美容にもGOODです。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP