風俗で働いているとどうしても性病のリスクは高くなってしまいます。今までなかった体の変化やかゆみなどの症状。業種によってかかりやすい性病など。性病によっては症状が出るまでの時間が長いものや、症状が軽くて無視しがちな病気をチェック

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 体に変なできものや症状が…

体に変なできものや症状が...

体に変なできものや症状が…

特集

風俗で働いていると性病にかかる確率は一般の人に比べるとどうしても増えてしまいます。
そのため、体に見たこともないできものや、急なかゆみ、今までなかったような症状が出てきたら即座に病院へ行きましょう。

何が性病なのか?

風俗で働いているなら、体に違和感や見たことのないできものや症状が現れた際には残念ですが先に性病の可能性が高いことになります。大体かかりやすい性病というものはありますから自分がはらたいている業種によって出やすい性病やでにくい性病があります。

ピンサロでよくある性病

咽頭クラミジア:クラミジアの特徴は性器と咽に感染するのが特徴です。今回の場合は咽なので咽頭クラミジアと言います。咽頭クラミジアの潜伏期間は数日から三週間程度と言われています。そのため、プレイをした数日後に軽いのどの痛みがでた場合には咽頭クラミジアの可能性があります。ですが、咽頭クラミジアは症状がとても軽いため、感染したことに気づかないケースが大変多いです。ピンサロは口でのサービスが主体となっているので感染率は非常に高いです。ピンサロで働く方は咽の痛みには敏感になりましょう。

デリヘルでよくある性病

性器クラミジア:クラミジアは一回の性行為での感染確率は50%と言われています。クラミジアになりやすい原因はフェラやクンニ、キスなどで感染してしまいます。女性は腔内が一番感染しやすく、男性は尿道が一番感染しやすいので感染率が高くなっています。また、クラミジアに感染していると他の性感染症にかかりやすくなっています。
主な症状は女性の場合子宮内炎症などがあり悪化すると骨盤腹炎症などになり、子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあるそうです。産道感染により、新生児が結膜炎・肺炎を発症する場合があります。流産、早産の原因にもなるので、感染するのに気づかないと今後にかなり大きな影響が出てしまいます。

ソープでよくある性病

実はソープは一番衛生的と言われています。本番があるためゴムを使うことが主なため、性病にかかりにくくなります。ボディーソープも殺菌成分の強いものを使っていることが多いです。
ソープではエイズはもちろん、淋病・梅毒・クラミジア。トリコモナス・カンジダなど他よりも感染しやすい病気はサービス上多いです。そのため、コンドームを使うことはとても大切なことです。男性はゴムをつけることを嫌がりますが、お互いのためなのでゴムは必ず装着させましょう。
梅毒は3か月ほど待たないと病院へ行っても結果に出ません。クラミジア、淋病は性器からの検査なので感染から2日から3日で検査をすることが可能です。

まとめ

性病を予防することは可能です、しかし必ず感染しないというわけではありませんので、万が一体に違和感が出た場合にはすぐに病院へ行きましょう。日々の体の調子を日記感覚でメモなどを取ると普段気付かなかった体の変化が発見できるかもしれません。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP