乳首が痛くてプレイに集中できない! そんなときはどうしたら良いの?

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 乳首が痛くてプレイに集中できない! そんなときはどうしたら良いの?

乳首が痛くてプレイに集中できない! そんなときはどうしたら良いの?

乳首が痛くてプレイに集中できない! そんなときはどうしたら良いの?

特集

風俗で働いていると、お仕事でとにかく重要なのは自分の体の健康と美しさをキープすること。お肌の手入れを人一倍入念にすることはもちろん、性病に対してもしっかりと気を使う必要がありますし、それ以外にも体の不調をなるべく敏感に察知して、事前に様々な対処をしていく必要が有ります。
風俗嬢の皆さんに話を聞いていると「乳首を触れられるのが本当にイヤ」と答える嬢は非常に多いです。
乳首は、女性器や口と同じくらい、風俗でのプレイに重要なボディパーツですが、女性の体は非常にセンシティブなのに、男性にはそれをわかっていない人が多く、乱暴に扱われるので痛みを訴える風俗嬢は多いようです。

男性は、風俗嬢の乳首の痛みを分かっていない!

乳首が痛むのは、とにかく乳首に触れられる回数が風俗嬢は多いせいです。しかし、こればかりはどうしようもありません。なぜなら男性は女性のおっぱいが大好きなのですから。
女性のおっぱいやお尻の持つ膨らみは、女性らしさの象徴です。また、日本人男性は潜在的にマザコンであることが多く、更に女性のおっぱいが大好きな場合が多いようです。
おっぱいと見れば吸いつきたい男性が多いのは分かりますが、プレイに興が乗ってくると、ついつい乳首を強く捻ったり、引っ張ってみたり、噛み付いてしまうという男性も。
風俗嬢にとっては最悪の事態です。
その男性客にとっては、たかが一回の乳首プレイに過ぎないとしても、風俗嬢は1日に10人近くお客さんの相手をする場合もあるのですから、単純計算して1日10回乳首に噛み付かれていたら、痛くなって当然です。
また、擦れた傷口から炎症を起こしてしまい、更に痛みが悪化してしまう場合もあります。

乳首の痛みを回避するためのプレイスタイルは?

痛いのに痛みが引くのを待っていられない、状態が完治するのを待っていられない定めにある風俗嬢の乳首ですが、男性にその辛さを訴えてもなかなか分かってもらえません。
逆に、お客さんに「今日はちょっと乳首が痛いから優しくしてください」なんて言うと、不機嫌になられてしまうことも多々あるでしょう。なぜなら、お客さん側からしたら、大金を払って楽しみに来たのに、その楽しみのうちの一つを取り上げられてしまうようなものなのです。また、乳首が痛い、と言うことで、他の客の存在をアピールしてしまうことにもなります。もちろん、風俗嬢ですから毎日たくさんのお客さんにサービスしていることは周知の事実ではありますが、自分の相手をしている間は他の客とのことを思い出させないでほしい、と思ってしまうのが男心、客心なのでしょう。
そのため、風俗嬢にはお客さんに悟られないように、微妙にお客さんに乳首を弄られる時間を短縮させる工夫がとにかく必要となってきます。

・プレイ時に、お客さんの顔の近くに胸を持っていかない
非常に些細なことではありますが、これはとても重要です。
お客さんの顔の近くに胸を持って行ってしまうと、条件反射的に乳首に吸い付いてくるお客さんは多いですので、なるべく距離を保つようにしましょう。

・風俗嬢が自らお客さんの手を誘導する
乳首を摘まれそうになったら、感じているふりをしながら風俗嬢自らお客さんの手を取り、別のポイントに誘導しましょう。
お客さんは、風俗嬢が感じている素振りを見せることで満足します。「ここが感じるのかな?」と別のパーツに集中させることにより、乳首からお客さんの意識を逸らしましょう。

・唾液がついたら早めに洗い流し、クリームを塗る
お客さんの唾液がついたままにしていると、唾液には食べ物を溶かす成分も含まれていますので、肌荒れの原因になってしまいます。そのため、お客さんの唾液がついた場合、プレイ終了後にはきちんと洗い流すようにしましょう。更に、オロナイン等の消炎作用のあるクリームを塗ったり、保湿することも大切。その場合、次のお客さんのプレイ時には、忘れずに洗い流してください。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP