あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > マイナンバーはソープ嬢にどのように影響するの?

マイナンバーはソープ嬢にどのように影響するの?

マイナンバーはソープ嬢にどのように影響するの?

特集

マイナンバーとは、国民一人一人の番号のことを言います。それぞれ社会保障や年金、税金など国が処理する情報を一括で管理できるもの。マイナンバーが導入されたことにより、ソープで働いていることがバレてしまうのではないかと不安に思っている女性は多いです。結論から言いますと、マイナンバーで副業していることはバレません。風俗店で働く女の子にとってマイナンバーとは、どのような影響を受けるのでしょうか。今回はマイナンバーとソープ嬢について特集していきます。

銀行口座とマイナンバーが紐づけられる

銀行の預貯金とマイナンバーが紐づくことで、自分のお金の流れを把握されてしまいます。従業員は雇用主にマイナンバーを提出しなければなりません。雇用主(風俗店)は、従業員に支払った給与をマイナンバー付きで税務署に申告します。仮に申告せずに給与を渡した場合、銀行の預貯金とマイナンバーが紐づいているため、多額の入金があれば税務署から調査が入り罰金や支払いを命じられます。脱税ということになり、厳しく取り締まりがあるので、気をつけなければなりません。

マイナンバーによってソープ嬢であることがバレる?

ソープで働いている人は、家族や友達、昼職の職場に内緒で働いている人も少なくありません。マイナンバー制度で自分のお金の入金が明確になってしまったら、副業をしていることが周りにバレてしまうのではないか?税金を多く支払わなければならないのか?と不安になる人は多いようです。しかし、誰かにバレることはありません。なぜバレないのかというと、風俗店はあなたのマイナンバーを聞いてきません。風俗嬢やキャバ嬢はお店と女の子との間に雇用関係がないからです。実際給与明細には、所得税は引かれておらず風俗店のお給料は即日全額現金で支払いますので、風俗からお給料をもらっている証拠はないのです。風俗嬢は個人事業主として働き、企業に所属せずに個人で稼いでいるのです。そのため、お店はマイナンバーを聞くことはありません。ただ、稀に聞いてくる風俗店もあります。その場合、マイナンバーによって風俗の収入が明確になってしまい住民税は高額になることがあります。住民税を給与から天引きではなく、個人で支払う普通微収の場合はバレることはありません。

結婚しているソープ嬢は気をつけて!

結婚しているソープ嬢が確定申告をするとき、年間の所得が旦那さんより高い場合、扶養から外れてしまうことがあります。年間130万円の収入があると旦那さんの扶養から外されてしまうのです。ソープのお仕事は130万円は超えてしまいますので、旦那さんにバレたくない人は事前にバイトしていることを伝えておきましょう。扶養から外れてしまった場合、健康保険や国民年金は個人で支払うことになりますが、ソープで稼ぐ金額を考えれば扶養から外れても問題ないくらいの利益はあると言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。ソープサポートではマイナンバーとの関係がないソープ店をご紹介させていただきます。マイナンバーに不安ある方でも安心して働くことができます。どうぞお気軽に下記のお問い合わせフォームからご相談ください。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP