あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > ホストクラブにご用心! 心の隙間をホストで埋めることの危険性

ホストクラブにご用心! 心の隙間をホストで埋めることの危険性

ホストクラブにご用心! 心の隙間をホストで埋めることの危険性

特集

風俗、水商売で働く女性の中には、ホストクラブ通いが趣味、という方がたくさんいます。
中には、一ヶ月で百万円以上ホストクラブに注ぎ込んでしまった、という女性も…!
そういう女性は、いくら稼いでも次から次にホストクラブにお金を費やしてしまうので、いつまでたっても自分は貧乏なまま。
頑張って仕事をしてたくさん稼いでいるはずなのに、全く貯金が増えずにむしろ借金ばかりが増えていき、更に身を持ち崩してしまう、なんていうこともあります。
なぜ、ホストクラブにはまる風俗嬢が多いのでしょうか?

最初は「ホストなんて」と思っていたのに…

ホストクラブに通う女性の中には、最初は「ホストになんて絶対ハマらない」と考えていた人も多いはず。
でも、いつの間にかハマっている、それがホストクラブです。
風俗嬢なら経験している方も多いかとは思われますが、風俗嬢でもお客さんが嬢にハマり過ぎてストーカー化してしまう、ということがありますね。要は、それと同じような感覚ですが、更にタチが悪いのは、女性は男性よりも情に厚いことが多く、男性よりもハマりやすいという点。寂しさを埋めるはけ口がホストになってしまうと、もうそこから抜け出すのはなかなか困難です。

ホストにハマって抜け出せない理由

風俗嬢の中には男性客を「お金」だと思っている、という風に語る嬢も少なくはないですが、ホストもまた、女性を「お金」だと思っていることがほとんどです。
もちろん、口ではそんなことは言いません。(言ったら商売になりませんから。)
しかし、結局のところ「今月のノルマが達成できないから来て欲しい」とか「最近顔を見せてくれないのが寂しいから来て欲しい」などと言ってお店に呼びつけては嬢にお金を使わせようとします。しかも、一晩で何十万、ホストの誕生日などは百万二百万と使う女性もいます。

結局のところ、女性は追われるよりも追いたい、という心理が働きますので、お店で男性客に追われるよりも、ちょっと見た目が良くてちょっと悪い、言うことを聞いてくれそうで聞いてくれないというギリギリ手の届くか届かないかという立ち位置にいる男性に惹かれます。
そして更に、常に男性客に奉仕して、イヤな思いをしてもお客様だからという理由で我慢に我慢を重ね、ストレスフルな環境で仕事をしている風俗嬢は、逆に自分を持ち上げてちやほやしてくれる場所を必要としています。

また、女性は一度自ら体を許したり気持ちを許したりすると、とことんそれに縋ってしまう人が多く「捨てられるかも」と感じると、理性のタガが外れたように無茶をしてでも追い縋ってくることが多いです。

ホストは上記の点を良く把握しており、その女性心理をうまく利用して自分の稼ぎとしています。
稼ぐためなら冷酷になれるのがホスト。もちろんホストの仕事をしていても、誠心誠意で良い人もたくさんいますが、しかしそうでない男性が多いのも事実です。
風俗嬢が、時として心を殺さなければならない仕事であるのと同時に、彼らもまた心を殺して仕事をしていることがほとんどです。

もちろん、自分の余力の範疇内で楽しくホスト遊びすることは構いません。
でも、くれぐれもホストにハマり過ぎて稼ぎのほとんどがホスト遊びに消えてしまう、ということのないように注意しましょう。
お金の面でも気持ちの面でも、後で辛い思いをするのは自分自身です。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP