デリヘルとソープでの雑費について関する記事

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > デリヘルとソープでの雑費について関する記事

デリヘルとソープでの雑費について関する記事

デリヘルとソープでの雑費について関する記事

特集

デリヘルとソープでは、女のコが負担する雑費というものがあると知っていますか?
雑費は風俗店の携帯によっても内容が異なるのですが、風俗店では「引かれ物」と呼ばれることが多い雑費には実に様々なモノがあります。
雑費=給料から引かれるもの、と覚えておいてください。

デリヘルの雑費

例えばデリヘルでは、どんな雑費があるのかというと… タオル代、イソジン代、マウスウォッシュ代、ベッドや衣装の クリーニング代、移動に使う車のガソリン代など結構いろんなもので
お金がかかるのです。お客さん一人あたり、雑費は少なくとも500円はかかるでしょう。
もしお客さんが遠方だった場合、その分デリヘル嬢の雑費の負担が大きくなるということ。雑費は少ないにこしたことはありませんが、こればかりはデリヘル嬢にはどうすることもできません。せめてものでありませんが、給与明細を受けとったときに、引かれている雑費の内容に間違いはないか確認してくださいね。もし、自分に心当たりのないものがあったら、お店にきちんと言うこと。そういうときのために、雑費のレシートはすべてひとまとめにして保管しておきましょう。

ソープの雑費

一方、ソープの雑費はまた異なります。こちらは収入も高収入なだけに、雑費もグンと上がり、お客さん一人あたり1000円~5000円と高めです。
この価格の幅の広さは、格安店~超高級店というランクの違いですね。超高級店にもなると、ここはどこ?というくらいゴージャス感がスゴく、備品もグレードアップする必要があります。店の雰囲気にそぐわないモノはダメということですね。また、ソープはデリヘルなどと違いお客さんに接客する時間が長いので、その分雑費にお金がかかってしまいます。

ソープでは…コンドーム代、タオル代、個室レンタル代、イソジン代、マウスウォッシュ第などデリヘルの雑費と共通しているモノもあれば、ソープ特有のモノも。コンドームは、本番アリのソープならではですね。高級ソープの場合は、備品ひとつにしてもお客さんの好みに合わせて数種類用意しているソープ嬢もいます。

経費の管理をしっかりと

風俗店は源泉聴取してくれないものと思っていた方がいいでしょう。
つまり、個人事業主ということ。したがって、このデリヘルやソープの雑費は、経費になるのです。たまに源泉徴収を行ってくれるとこもろもありますが、自分でやったほうが確実です。なので、毎月どのくらい経費がかかっているかマメにチェックしておくことをおススメします。時々この雑費を悪用しようとする店があるので気を付けてください。

どのお店でも必ず雑費があるわけではないので、面接のときに確認したほうがいいでしょう。雑費分ひかれるだけでなく買いに行くのも大変ですから、ないにこしたことはありません。雑費があったとしてもほかの条件がいいならばその店にするのもアリだし、雑費がなくてもお店の雰囲気が悪ければやめたほうがいいし、一概にはいえないのです。あくまでも、店を決めるときのひとつの目安として考えてみてくださいね。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP