あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > ソープ嬢も確定申告しないと後が怖い!?

ソープ嬢も確定申告しないと後が怖い!?

ソープ嬢も確定申告しないと後が怖い!?

特集

昼職のお仕事をしていて、会社に所属して働いている女性は、毎年12月になると会社の経理を通して年末調整をすることになっていますね。
その場合は、全て会社の経理さんが面倒な手続きを行ってくれるため、経理さんに言われるがままに「この書類に住所と氏名を書いてください」「●●を提出してください」と、言われた通りに行えば良いので特に面倒なこともありません。
しかし、厄介なのが夜のお仕事、特に風俗で働いている女性の場合。
ソープのお仕事だけしていたとしても面倒なのに、昼職をしながら夜にソープでバイト感覚で働いていたりすると、所得の申告をしたくても、昼職の会社にソープ勤務がバレるのが怖くて下手なことができない…という場合もありますよね。
そもそも、マイナンバー制度が導入されたりで、「マイナンバー制度って何?」「自分がどこでいくら収入を得ているのかを、誰にどのように把握されてしまうのか、よく分からないので怖い…」と考えているソープ嬢も多いのではないでしょうか。
ただでさえお役所関係の手続きというのは面倒で厄介なものなので、ソープ嬢として働いている女性の中には、確定申告なんてこれまでしたことがない、というソープ嬢も多いかと思われます。

マイナンバー制度導入により、脱税がバレやすくなった!

しかし、マイナンバー制度が導入されたことにより、誰がいくら稼いでいるのかを税務署が把握しやすくなりました。
つまり、あなたに大きな所得があるにも関わらずそれに対する税金を払っていない場合、脱税ということになり、脱税がバレるとこれまで支払っていなかった分の所得税を何年分も遡って一気に払わされる、というような恐ろしい自体になりかねません。
ただでさえソープ嬢は昼職をしている女性に比べて、収入は何十倍もある場合が多く、人気嬢、No.嬢の場合、下手をしたら急に税務署から通知が来て、何十万、何百万という税金を払え、と言われる可能性も出てきます。
いくら高給取りのソープ嬢とはいえ、急に何十万、何百万という税金を払えと言われて払える人間はなかなかいないですよね。そんな恐ろしい自体を回避するためには、やはり収入の申告手続きはきっちりとしておくべきではないでしょうか。

ソープ嬢が確定申告するにはどういう手順でしたら良いの?

ソープ嬢確定申告をするためには、まず自分の収入がいくらあったのかを把握するところから始まります。
しかし、日払いで毎日お給料を手渡されているから、自分がいくらもらっているのかなんて覚えていない、というソープ嬢がほとんどなのではないでしょうか。
その場合は、お店に問い合わせて自分の収入を調べなければなりませんが、お店の中にはそれを嫌がるお店もあります。なぜならば、ソープ嬢確定申告をすることによって、お店に監査が入り、お店の脱税、他のソープ嬢の脱税等が芋づる式にバレてしまう可能性がぐんと高くなるためです。
そうはいっても、自分が脱税していると、それがもしバレてしまうと重い罪となり、本来あなたが納めるべきだった税金のほか、無申告加算税等が追徴されてしまい、更に大きな金額を支払わなければならなくなってしまいますので、確定深刻は必ずしておくべきです。
不安だったりわからないことがあれば、税理士等に一度相談してみたほうが良いかもしれません。

洋服代、備品代など、掛かった経費のレシートは必ず保存しておく!

もう捨てちゃったよ…という嬢もいるかもしれませんが、洋服代やローション、大人のおもちゃ等の備品代のレシートは必ず保管しておいてください。確定申告をする際にそれらのレシートを保管してあれば、経費として申告できますのでソープ嬢にとって得となります。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP