あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > ソープランドで不採用になる理由

ソープランドで不採用になる理由

ソープランドで不採用になる理由

特集

一般のお仕事では働く前に必ず面接を行います。風俗業界ソープランドでも面接を受ける女性がそのお店に合っているか判断し、採用か不採用か決まります。ソープランドの待遇が高ければ高いほどお店に応募する女性は多くなり、これによって採用基準は上がります。しかし、中には様々な理由で不採用になる女性がいるのです。なぜ不採用になってしまうのかを今回は、ソープランドで不採用になる理由をご紹介します。

お店と自分のコンセプトが合っていない

ソープ店で働くにあたって、やはり容姿やスタイルが良いことに越したことはありません。ただ、重要なことは自分とお店のコンセプトが合っているかどうかです。アラサー・アラフォーの女性が学園系のコンセプト店に応募しても不採用となり、逆にロリ系の女性が人妻系に面接に行っても不採用になる確率は上がります。このようにコンセプトが設定されているお店では、容姿と店が合っているかどうか判断します。ですので、まず求人を見るときは自分とお店のコンセプトが合っているお店を選ぶことが重要になってきます。お客さんからのリピーターにも影響してくるので、お店選びはよく考えて行きましょう。

一般常識(マナー)ができていない

風俗未経験の女性に多いのですが、風俗業種だからといって面接時にバカにしたような態度や一般常識がない女子がいます。風俗の面接は多少一般企業と違い緩い一面もありますが、ほとんど普通の面接と変わりません。たとえば容姿は合格なのに、タメ語で会話して足を組んだりタバコを吸いながら面接官の話を聞いたりお店をバカにした態度や発言は不合格の対象となります。面接時にこのような態度ですと、お客さんの前に出た際にも同じことが起きる場合があると考え不採用になる可能性が高くなるということです。他にもスマホを弄りながらの面接もNG行為。これらはよくあることのなので、一般企業と同じ面接だと思って受けましょう。

働く・稼ごうとする意欲が見受けられない

ソープランド(風俗)で働く女性のほとんど目標を持って働いています。「この期間までに◯◯万円貯める!」などの目標金額を決めることによってソープで働く意識も高まり、稼ごうとする仕事への熱意が面接官にも伝わります。しかし、遅刻してきたりそれをお店に連絡しなかったり、嘘があったりするとお店で働く気がないと判断されます。面接官によっては「なぜこの業種を選んだのですか?」と問われる場合があります。その際にどんな目標があるのか具体的に決めておいた方がお店のスタッフも全力でサポートしてくれます。また、1店舗が不採用になったからといって諦めてしまうのではなく、他のソープ店にもどんどん応募して自分に合ったお店を見つけましょう。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP