あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > ソープの面接で風俗歴は伝えるべき??

ソープで風俗歴は言うべき?

ソープの面接で風俗歴は伝えるべき??

特集

ソープの面接で気になるにが風俗歴は言った方がいいのかどうか。
風俗の面接では良く聞かれることなので、聞かれる質問を知って、予め対策しておくことで面接も滞りなくスムーズに進みます。これからソープランドに面接に行く女の子はぜひ参考にしてみて下さい。

どんな会社にも必ず面接があります。ソープでも同じで面接がありますし、ソープ嬢の場合ボディチェックもあることが多いです。面接についてはほぼ必須ですので、これからソープ嬢になる女の子は面接対策をしておくといいでしょう。

ソープの面接で聞かれること

ソープの面接では、以下のことが聞かれやすいです。

◆志望動機
◆出勤可能日数
◆可能なプレイ
◆タトゥー、妊娠線の有無
◆希望お給料
◆風俗歴

 

特に志望動機がお店にとって重要で、応募者がきちんとお店で働いてくれるか判断するための資材となります。お店も志望動機がしっかりしてない女性には、すぐに辞めてしまう不安などありますので、面接前にしっかり志望動機を固めておきましょう。出勤可能日数と可能なプレイも聞かれるので、事前にそのお店のホームページを確認しておきましょう。

そして、問題なのはタトゥー、妊娠線の有無。
ソープ店によってはタトゥー、妊娠線をNGにしているソープ店もありますので、その場合はトラブルにならないためにも正確に伝えましょう。隠して置いて後からバレてしまうと大きな問題となりますし、ボディチェックを行うお店の場合は隠せません。また、希望お給料も聞かれやすいので、聞かれたら直ぐに答えられるようにしてから面接に行きましょう。

風俗歴は隠すべき?

風俗歴ですが、それは場合によって隠すべきと正直に話すべき時があります。
たとえば、ソープ店の求人で「経験者大歓迎」と書いてある場合、同じ風俗業種で働いていた経験や、ソープ嬢としてのスキルは大きな武器となります。なんの風俗業種でも経験があれば、お店が求めている女の子となりますので、積極的に伝えた方が採用されやすいでしょう。
お店側も経験が居てくれると、女の子の育成にかかる時間も減り、直ぐに即戦力として働いてもらいお金を稼ぐことができるようになります。経験がある女の子は、トーク力もお客さんがリピーターになってもらえるツボを知っている事もあり、それだけ未経験の女の子より注目されます。ですので、お店が明らかに経験者を求めているような時には、風俗歴は隠さず伝えた方がいいです。

また、隠した方がいい場合もあります。
それは、お店側に過激に接客ができると思われたくない場合や、風俗歴を人に言えるようなものではない場合、お店の人にその事で何か言われたくない場合です。
始めに経験があると伝えれば採用率は上がりますが、あまりにも期待されても入店後に指名が取れなかったり、良い数字を出せなかったりした場合は後ろ指を指されてしまい兼ねません。

過激な期待をさても、逆に仕事がしずらくなってしまいますので、期待されたくないという女の子は、深く聞かれれない限り黙っておくのも一つの手段。また、過去に風俗で嫌な思いをしたなどの時も、無理して話す必要はないでしょう。
面接担当者の口が硬い人なら安心して話せますが、もし口が軽い人が面接担当者なら、後々話が回ってしまうリスクも出てきます。
そこから男性スタッフに茶化されたりすることもあるので、面接担当者の様子を見つつ何処まで話すか判断することが大切です。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP