あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > ソープの仕事で泣きたくなったら…

ソープの仕事で泣きたくなったら

ソープの仕事で泣きたくなったら…

特集

ソープの仕事は毎日たくさんの人々と接点があり、コミニケーションを取らないといけないサービス業。
さらに体力勝負な面もあり、性感染症のリスクに耐え、ときには自分のプライドを傷つけられたりと、体力的にも精神的にもなかなかハードなものです。

仕事終わりは毎日ヘトヘトで帰宅してもメイクを落とし忘れて寝てしまっているソープ嬢もいることでしょう。
あまりにも疲れていたり、ストレスが多かったりすると、思わず涙ぐんでしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、そうは言ってもどうにかしてストレス発散して、気分を入れ替え仕事に行かないといけません。

思いっきり泣けばいい!

泣きたいときは我慢しないで泣いちゃいましょう
ただ、お客さんの目の前やお店の中ではNG!家に帰宅してから、メイクを落としやる事やったら一息ついて、好きなお菓子を食べながら思いっきり感動できる映画やドラマを見たりして、感情移入で涙をこぼしてみるのも良いと思います。

映画やドラマで感動して泣くなら、いくら自分が感情的になっても抑える必要はない。心の底から思い切り涙を出し切ってスッキリしてみてはどうでしょうか。
普段イライラや辛い気持ちを抑えているソープ嬢は特にオススメのストレス発散法です。

体を動かそう!スポーツで発散する

イライラしたり辛い事が溜まってくると、自然と涙が流れてしまうソープ嬢がいる一方で、中には破壊衝動と戦うソープ嬢もいます。
破壊衝動は涙を流すよりも危険です。破壊衝動を起こす人は、イライラから突然キレ出して物を壊したり人に危害を加え、暴力事件や大きなトラブルを巻き起こしかねません。

ストレスのよるエネルギーを抱えている人は、テニスやジムなど、バッティングのようなカラダを動かすスポーツをすると案外スッキリしますよ。人数を集めるのは大変かもしれないので、ジム、テニスで壁打ちやバッティングであれば一人でも可能ですので、ぜひ試してみてください。カラダを動かすと、かなりストレス発散できますよ。

やけ食いや、ふて寝は良くない

泣きたいときや辛いとき、何もしたくないからといって家に閉じこもってテレビをみながらゴロゴロしたり、やけ食いして後から体重増加に気づいて自己嫌悪に陥ったり、やる気がないからといってずっと寝ているというのは、ますます憂鬱を加速させる原因となる事が多いです。
あまりにも辛いときは、無理に体を動かさなくても良いですが、余裕があるとき能動的で積極的なストレス発散を行いましょう。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP