ソープに来る説教癖のあるお客さんになんて返事してる?

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > ソープに来る説教癖のあるお客さんになんて返事してる?

ソープに来る説教癖のあるお客さんになんて返事してる?

ソープに来る説教癖のあるお客さんになんて返事してる?

特集

ソープに来る男性客の中には、説教癖があるお客さんもたくさんいます。
基本的に、男性は自分が優位に立ちたい生き物です。そして、自分はストレスまみれで働いているのだから、金を払って風俗に来たときぐらい自分を立ててもらって当然、と考えています。ですから、普段は会社の部下や家族にしては嫌がられているような好意を、ソープにやって来てソープ嬢相手に行い、ストレス発散をします。
しかし、ほとんどの男性が無意識でソープ嬢説教を垂れているため、人から嫌がられることを自分が今まさにしてしまっているのだ、ということに全く気付いていません。
ソープ嬢も、お金を払ってもらっているわけですから基本的にはお客様に気持ち良く、気分良くすっきりして帰ってもらいたいので、ある程度ははい、はいと黙って話を聞くでしょう。
しかし、それにしたってどうしても我慢がならなくなる場合もあります。あまりにもしつこい説教や、しまいには怒られたりしたら、いくら心が広くサービス精神旺盛で優しいソープ嬢だとしても、堪忍袋の尾が切れてしまうこともありますよね。基本的に、サラリーマン以上にソープのお仕事はストレスフルです。高給を貰えるのにはそれなりの理由があるから、お給料が良いのです。
そういった場合、ソープ嬢は一体どんな切り替えしをしているのでしょうか?
ギャフンと言わせてやりたい嬢が言ったことのあるセリフ、うま~くお客さんを転がしている嬢が言うセリフをまとめてみました。

どうしてソープで働いているのかしつこく聞いてくるお客さん

「どうしてソープなんかで働いているの?」と聞いてくるお客さんは多いです。
ソープ嬢がソープで働く理由なんて明白です。「お金が欲しいから」ですが、なぜかお客さんは聞いてきます。そして、いくら嬢が「借金を返すために」「学費を稼ぐために」と適当な理由を言ったとしても、説教を垂れてくる男性客は多いものです。
「こんなところで働くなんて、良くない」「他にもっと仕事はあるはずだ」「こんなところで働いていると、自分を落とすだけだぞ」なんて、テンプレート通りのセリフを掃いてくるお客さんの多いこと!
「じゃあどうしてお客さんはソープに来たんですか? そういう女を買いに来たんですよね? もししっかりとした女性がお好みなら、風俗店に来ないで奥さんや彼女に尽くしたらいかがですか?」
そんな風に答えたら、お客さんも口を噤むしかないでしょう。
一方で、上手にお客さんを転がすソープ嬢は「そうやって心配していただいてありがとうございます。きっと奥さんや会社の人たちも、●●さんに色々とアドバイスしていただいて感謝しているでしょうね」なんて、お客さんを持ち上げていると見せかけて、遠回しにイヤミを言ったりしているようです。でも、お客さんは大体気付かずに気分が良さそうにしている、とのことですが。

ラクしてお給料をいっぱいもらえていいねぇ、とイヤミを言ってくるお客さん

「どうせエッチして気持ち良くなってるだけでお金いっぱいもらってるんでしょう? 良いよねぇ、女の人はラクで」なんてイヤミをいってくる男性客もかなりいます。
毎日体力的にも精神的にもかなり頑張って働いているソープ嬢からしてみたら、何を言っているんだこいつは…!?とカチンと来ることこの上なしだと思います。
大体、ソープ嬢のお仕事は風俗のお仕事の中でも最も過酷で体力を使うお仕事です。その原因はマットプレイ。慣れない頃は全身筋肉痛に襲われる人も多いというマットプレイの技術を身につけて、日々その研究に勤しんだり、お客さんの好みやプレイスタイルに合わせて、石鹸やローション、その他備品等の一つ一つにまで気を配っているソープ嬢の隠れた努力など何も知らないからこそ言える心無いセリフです。
「気持ち良いか悪いかは、相手によりますよね。お客さんは選べないんで」「キモいおじさんとディープキスするだけですからね。やってみます?」と言ってお客さんとの間に気まずい沈黙を作ってしまうのも「マットプレイはかなり練習したんで、自信がありますけど、結構大変なんですよ! 最初の頃は筋肉痛になって仕方なかったし、時々先輩から講習を受けたりもするんです、お客さんに気持ちよくなってもらうために、いつも努力したいですからね!」と、可愛く言ってお客さんをキュンとさせてしまうのも良し。

腹が立つことを言ってくるお客さんは多いですが、なるべく言いくるめられるのなら言いくるめてしまいたいところ。でも、どうしても腹が立って仕方がない…という場合は、あまり溜め込むのもストレスが溜まって良くありませんから、たまには適度に反撃してしまっても良いのではないでしょうか。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP