あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 繰り返すデリケートゾーンのカンジダ…原因と対策方法

ソープで繰り返すカンジダ

繰り返すデリケートゾーンのカンジダ…原因と対策方法

特集

まず、よく性病と勘違いする人が多いのですが、カンジダは性病ではありません!

デリケートゾーンの異常なかゆみがある場合は、カンジダを疑ってみてももいいかもしれません。
カンジダ菌はもともと体内にいる常在菌。体調が元気なときは乳酸菌が常在菌の働きを抑え、何らかの原因により免疫力が低下したときにカンジダ菌が活発になります。それが炎症を起こし様々な症状に悩まされます。また、カンジダは再発しやすいため、なかなか治らなく悩む女性も多い。

今回はそんなカンジダについて原因と対策法をご紹介します。

カンジダの症状

典型的な症状は、外陰部の強いかゆみとおりものの変化。
かゆみが非常に強いのが特徴で、ときには痛みを感じることがあります。おりものの状態は白く濁り、粥、ヨーグルト、カッテージチーズなどとよく表現される独特の症状を示します。

カンジダの原因…9割が自己感染

【1】免疫力の低下
体内環境が正常に保たれているときは発症しないカンジダ菌は、免疫力が低下した途端活発になり、強いかゆみを引き起こします。いつも体内にいる菌なので、治ったとしても免疫力低下のたびに再発することが多い。
免疫力の低下の原因として、「寝不足」「ストレス」「偏った食生活」などが挙げられます。

【2】入浴・プールなどの公共施設で感染
感染する確率は少ないですが、プールや温泉、不特定多数が使用する公共施設で感染することもある。

【3】性行為
稀に性行為でカンジダが感染することもある。性行為で感染する原因として、免疫力の低下が原因とされています。相手に感染したことを知った際は、治療が終わるまで性行為を控えましょう。

カンジダの対処法

カンジダになってしまったら、病院で治療する方法と市販薬を買って自分で治療する方法があります。初めて感染した場合は病院へ行きましょう。再発から市販薬での治療が可能。
また、カンジダは再発しやすい感染症なので、日頃から予防をしっかりしましょう。カンジダの予防法は日常生活の中で自分でできる簡単な予防です。

◯6時間以上の睡眠
◯アルコール・糖類の過剰摂取を控える
◯バランスの良い食生活を意識する
◯手洗い・うがいは必須
◯仕事後はシャワー・お風呂に入る
◯局部を洗いすぎない
◯通気性の良い下着を着用する

ソープは職業柄カンジダになりやすいため、自分の身体のメンテナンスは忘れずストレスを溜めないように、休日は好きなことをしてリフレッシュしましょう!

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP