あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > どうしてソープは雑費・税金・お茶代が引かれるの?

ソープで引かれる雑費の詳細

どうしてソープは雑費・税金・お茶代が引かれるの?

特集

ソープで働く際に覚えておきたいことは、どこのお店も雑費と呼ばれる引かれもものがあるということ。
最近では引かれものがない風俗店もありますが、ソープではほとんど引かれます。では、なぜ引かれるのでしょうか。そして、風俗でいう税金やボーナス、お茶代とは一体何なのかをまとめてみました。

引かれもの詳細

【雑費】

雑費は、風俗業界では当たり前に使用されている言葉で、風俗について調べた人であれば耳にしたことがあるでしょう。
雑費とは、仕事で使用したタオルやローション、コンドームを購入するための経費のことを言い、使った量や数に関わらず働くことによって発生するもののため必ず支払わなければなりません。
ソープ店によって支払う金額は違いますが、大体一人のお客さんにつき千円のところもあれば、出勤したら数千円の決まりがあるお店もあります。

【お茶代】

お茶代とはその名前の通りの意味で、お仕事で出たドリンクの支払いです。
通常お客さんに飲み物を出すことがほとんどで、その時のドリンク代を指しています。お店が負担していると勘違いしている人も多いですが、実はソープ嬢が負担しています。一人数百円で、一日にまとめて千円支払うお店もあります。ほとんど雑費に含まれていることが多いです。そのため、お茶代という引かれものを知らないソープ嬢も多いのでしょう。

【税金】

税金と聞くと国や市に支払うお金だと思いますよね。
しかし、風俗業界での税金はその意味とは違います。風俗でいう税金はお店に支払うお金のことで、出勤する度に支払うところもあれば、毎月支払うお店もあります。
一日だと千円、一ヶ月だと一万円くらいになるそうです。税金だから国や市に支払うものだと勘違いしないように。国や市に支払う税金はきちんと自分で把握して、きちんと納めましょう。

【ボーナス】

ボーナスはお店からソープ嬢にご褒美としてもらえるお金に思えますが、実は違います。
ボーナスはソープ嬢からスタッフへ支払うお金です。日頃からお世話になっているスタッフやボーイに、改めて感謝する意味もあります。スタッフへ支払うボーナス制度は、お店によって違いがあるので事前に確認してみましょう。

なぜ引かれものが存在するのか

お茶代がないソープ店だとしても、雑費があるソープ店はとても多いです。なぜ雑費が存在するのかというと、ソープ店を経営するための法律に深く関わっています。
ソープは働いているソープ嬢とお客さんである男性と性行為ができるお店で、合法的にセックスが認められています。どうして許可されているかというと、ソープ嬢とお客さんはあくまで自由恋愛としての行為だからです。

恋人同士ならセックスしても問題ない、仕事としてお金をもらってセックスをしているわけではない。ということになります。だからこそコンドーム代やローション代といった性行為に必要な道具はソープ嬢が自腹でお金を出さなければならないのです。
もしお店がお金を出してしまうと、仕事として性行為を女の子に強制していることになるからでしょう。

まとめ

ソープ店に限らずどの風俗店でも何かしらの引かれものがあり、支払わなければなりません。
支払わなくてもいいというお店はありませんので、逆にないお店は疑って下さい。また、高額を引くような悪質なソープ店もあるので注意が必要です。

引かれものがないお店の特徴は、予めバック率を下げていること。
通常のバック率の6割近くは風俗嬢の手取りとなりますが、雑費や税金がないお店はバック率を4割近く下げている可能性が高いです。
結局のところ、どっちにしても引かれるものなので、心への負担が変わるかどうかしか変わりません。毎回引かれものに対して落ち込むのであれば予め引かれている設定で、表向きは雑費などないお店を選び、引かれものについて何も思わないなら通常のソープ店を選びましょう。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP