あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > マットに空気が入っていない!そんなときはどうする?

ソープでマットに空気がない時の対処法

マットに空気が入っていない!そんなときはどうする?

特集

ソープランドの醍醐味は、やはりマットでしょう。
マットプレイをするためには準備が必要です。しかし、時々マットに空気が入ってないこともあります。そんな時どうしたらいいのでしょうか。

今回はマットに空気が入っていない場合の対処法をご紹介します。

マットの空気の入れ事情はそれぞれ

ソープランドでは、出勤のたびに同じ部屋のときもあれば、毎回別の部屋を使うというソープ嬢もいます。前に入っていた女の子がマットの空気を固くしていたなら、自分の空気調節とは合わないということになってしまいます。この時にお店に頼む女の子も入れば、自分で空気を入れる女の子もいますし、もしくは、出勤する前に事前にスタッフへ空気の具合を頼む女の子もいます。ですので、マットの空気調整は人それぞれということになります。

自分がマットプレイしやすいかどうかの違いで、お客さんによって変えるというのもありでしょう。

滑りすぎに注意

マットに空気を入れる際、考えることは滑りすぎてしまわないように調節することです。
マットプレイに慣れているなら、ある程度どんな空気の入れ方でも対応することが可能なはずです。しかし、マット未経験や初心者にとっては滑りすぎてしまうことがあります。そのため、自分が滑りすぎないように調節するのです。勿論、全く空気が入っていないのであれば、すぐにお店に伝えるか、自分で入れるようにしましょう。

また、もっとも注意しなければならないのは、滑りすぎて怪我を負うこと。マットプレイ中はしっかり意識して行いましょう。

事前に頼んでおく

やはりマットの空気に関して、事前にスタッフへ頼んでおくことが望ましいと言えます。
いちいち頼むのも面倒だと思う女の子もいることでしょう。また、自分でマットの空気を入れることも抵抗があるという方もいるでしょう。ですので、前もってお店に頼んでおくことで、そのようなストレスがなくなるはずです。ソープランドで働く上でストレスを大いに貯めないように気をつけなければなりません。そのため、このようなことであってもどうしたら良いのか考えることが非常に大切でしょう。
本来、お店がしっかり空気を入れておくもので、ソープ嬢が快適に仕事ができるようにしないといけません。しかし、時々忘れてしまうかもしれません。その時にはお店に頼むか、自分で入れるかになります。

 

いかがでしたでしょうか。
高収入を稼げるソープランドを探すなら「ソープ求人サポートセンター」にお任せください!当サポートでは、女性ひとりひとりの条件に合わせたソープランドをお探しします。お問い合わせは下記のお問い合わせフォーム、お電話、LINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP