あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > インターネットを通しての嫌がらせに対処する方法は?

インターネットを通しての嫌がらせに対処する方法は?

インターネットを通しての嫌がらせに対処する方法は?

特集

ソープランドにやってくるお客さんの中には、ネットストーカー的な嫌がらせをしてくるお客さんがいたりすることも。例えば、ソープ嬢に本気になってしまって、しかしソープ嬢が全く振り向いてくれないような場合や、ソープ嬢に何か気に食わないことがあった場合に、本人に直接何か言うのではなく、ホスラブ等に陰湿な書き込みをすることによってストレスを発散するようなお客さんです。
インターネット上での個人への誹謗中傷が原因で、売上げがガタ落ちしてそのお店で働くことができなくなってしまったり、ソープ嬢の個人情報を流されて、恋人と別れる羽目になったり、兼業していた昼職の会社を辞めることになってしまったりと、大事になってしまう場合もあります。
それを防ぐためには、お客さんにネットストーカーされたときの対応を間違えずに、放置しないでなるべく早く動く必要があります。

自分への攻撃的な書き込みを発券した場合は、どうしたら良い?

ソープ嬢のメンタル面への影響を考えれば、自分の名前などで検索を掛けて自分に関するインターネット上の情報を調べる「エゴサーチ」「エゴサ」と言われる行為はしない方が良いのですが、しかしネットストーカーの被害が疑われる場合は、エゴサーチをしてみたほうが良いかもしれません。
店名プラス自分の源氏名で検索してみて、もしも酷い内容が見つかったら…誹謗中傷や、個人情報を特定されるような内容の書き込みを見つけたら、まずはすぐにその書き込みがされた先のホームページを運営している人に、その部分のスクリーンショットや書き込みがされたページのURLをコピーして、こういう理由があるため削除するように、と忠告しましょう。良心的な運営者の場合は、そのような場合はすぐに削除してくれます。
しかし、中にはそのサイトの運営者が外国人であったり、単純に面倒だからと言って放置されてしまうこともあります。そういう場合には、警察に被害届を出すようにしましょう。

警察に行って、どう言えば良いの?

インターネット上の悪意のある誹謗中傷や個人情報の流出は、名誉毀損罪侮辱罪、さらに信用毀損罪や業務妨害罪といった罪に問われる可能性が高いです。特に風俗の場合であれば、名誉毀損罪や業務妨害罪といった罪状が適用されることが多いのではないでしょうか。
ホームページ管理者があなたの要求に応じない場合は、strong>警察に行って被害届を出すことになりますが、しかし近所の交番に行っても無駄な場合もあります。インターネット犯罪について良く分かっていない年配のstrong>警察官に当たってしまうと、ちんぷんかんぷんな対応をされて終了、という場合も少なくはありませんので、きちんとサイバー犯罪について把握しているstrong>警察官がいるstrong>警察署へ行く必要があります。
その場合は、各都道府県のstrong>警察本部に行くようにしましょう。strong>警察本部にはサイバー犯罪対策室が設置されており、今回のような被害が起きた場合には、こちらの部署が動いてくれることになっていますので、直接こちらに行って被害状況を説明すれば話は早いです。東京だと「警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課」という部署になります。

絶対に泣き寝入りしない!

ソープ嬢の中には「ソープ嬢」というお仕事を恥じて、何も言えずに泣き寝入りしてしまうようなソープ嬢もいます。しかし、それではいつまで経っても状況は変わりません。早く対処することにより、大きな問題にならずに済む場合は多いです。必ず放置せずに、自分が誹謗中傷されているのを見つけたら、すぐに対処するようにしましょう。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP