あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > どのくらい出勤したら鬼出勤になるの?

どのくらい出勤したら鬼出勤になるの?

どのくらい出勤したら鬼出勤になるの?

特集

昼職で事務などのOLをして働いている女性の場合、だいたい週に5日出勤、土日祝日休みで働いている場合が多いのではないでしょうか。しかし、ソープ嬢として働いている場合は、それと比較すると一ヶ月の出勤日数は格段に少なくなります。
ソープ嬢として働いている場合、たくさん出勤しているソープ嬢のことを「鬼出勤している」という風に形容することもありますが、ソープ嬢の鬼出勤とはどの程度のものなのでしょうか?
ソープ嬢が昼職の女性と同じく、週に5日、6日と働いている場合は間違いなく「鬼出勤している」と言える状態で働いているということになるでしょう。週に3日程度働いている、というソープ嬢が圧倒的に多いようです。出勤日数だけ聞くと、ソープ嬢はあまり働いていない、怠けているように聞こえるかもしれませんが、体力的にはそれが限界、という女性は多いです。

鬼出勤するメリットとは?

ソープ嬢が鬼出勤して働く場合、そのメリットとしてはやはりお金が稼げるから、その一言に尽きるでしょう。短期間でまとまった金額を稼ぎたい、今緊急にお金が欲しい、と考えているソープ嬢は、必然的に鬼出勤する必要が出てきます。1日に5人、6人とお客さんをとって、それを週6勤務で働き続けた場合、1ヶ月で100万円を超える金額を稼ぎ出すソープ嬢も中にはいます。売れっ子ソープ嬢ともなると、お茶を挽く時間がないほど予約で埋まってしまう場合もあります。

鬼出勤するデメリットとは?

逆に、鬼出勤することによるデメリットもあります。1日に6人も7人もお客さんをとっているソープ嬢の中には、体調不良を訴えるソープ嬢が大勢います。乳首や性器を酷使し過ぎて痛みや炎症を起こしてしまったり、腰痛や冷え性に悩んでいたり、石鹸やお湯に体を何度も晒すせいで酷い乾燥肌や肌荒れを起こしてしまったり…また、体力が落ちるのと同時に免疫力も低下し、性病にかかりやすくなってしまった、というソープ嬢もいます。お仕事を頑張れば頑張るほど良いことのように思えますが、ソープ嬢にとってはお仕事を頑張るイコール体を酷使することと直結していますので、逆に頑張り過ぎると体調を崩してしまうことにもなりかねません。

鬼出勤いこだわらずに、自分の体力に合わせて働ける環境がベスト

お金をいっぱい稼ぎたい、いつまでにいくら稼ぎたいという目標を立てて頑張ることは大切ですが、そこに固執し過ぎて自分の体調や体力を顧みずにいると、酷く体調を崩してペースを立て直すのに時間が掛かってしまうこともあります。ワークライフバランスをきちんと考えて、自分にベストなペースで、ベストな状況で地道に頑張ることが一番良いのではないでしょうか。
しかし、ソープ店の中には、ソープ嬢の体力を考慮してくれないお店もあります。1日何時間、何人お客さんを取れなかった場合、1〜数万円の罰金が発生するようなお店や、いくらソープ嬢がお客さんの人数制限をして欲しいと訴えても、次から次に休憩なしでお客さんをつけっぱなしにしてくるようなお店もあります。特に人気店ともなると、お客さんはしっきりなしにやって来ますので、お店を回すためにソープ嬢に無理をさせようとしてくるお店もあります。
しかし、逆に暇なお店ではソープ嬢が毎日出勤しているのにお客さんが全くやってこなくてお茶を弾いてばかり…という場合もあります。どちらもソープ嬢にとっては働き辛い環境です。なかなか自分に丁度良いお店を探すのは大変かもしれませんが、ソープランドで働く前にはしっかりと下調べをして、そのお店の雰囲気が自分に合っているかを見極めてから働き始めた方が良いでしょう。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP