あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > お客さんからの厄介な好意を上手にかわしてキープするには

お客さんからの厄介な好意を上手にかわしてキープするには

お客さんからの厄介な好意を上手にかわしてキープするには

特集

お客さんの中には、ソープ嬢本気になってしまうお客さんは非常に多いです。最初はお客さん側も、ソープ嬢と客との関係はお金で繋がっているだけ、遊びに来ているだけ…と分かって来ていたはずなのに、いつの間にか「◯◯ちゃんは本気で俺に好意を持ってくれている」と思い込んでしまうお客さんも多いものです。
しかし、ソープ嬢側からしてみたら、多かれ少なかれ疑似恋愛を楽しんでもらって指名客をキープしている、という側面も持っているため、あまりにもサバサバとしたビジネスライクな対応をすることもできません。色恋営業をやり過ぎるのはもちろんNGですが、何もしないのはお客さんにとっても味気なさ過ぎて気分を盛り下げてしまいます。
しかし、お客さん好意を盛り上げ過ぎてしまうと、ソープ嬢の日常にも影響を及ぼしてしまいますので、バランスを取るのは非常に難しいものです。

お客さんの好意、どこまで寄り添ってあげれば良い?

お客さんが「◯◯ちゃんのことが好きだよ」とソープ嬢に言ってくる場合にしても、大概の場合はそういう「遊び」の範囲内で、ソープ遊びを楽しむための手段として言っているだけですが、しかしその中でも本気になってしまって言っている場合もあり、見極めは非常に難しいところです。また、最初は疑似恋愛をソープランドで楽しむために言っていたのが、途中から本気に変わってしまっていた…という場合もあり、それにソープ嬢が気付かずに相手をし続けていると「俺でもイケるかもしれない」と調子に乗られてしまうため、常にお客さんの反応を細かく確認し続ける必要があります。
例えば、メール営業にしても、メール営業をし過ぎると彼氏・彼女の関係のように常にメールをしてくる、メールの返信を求められるようになってしまい、それがないとお客さん側が怒ってしまったり、ストーカー化されてしまう場合すら考えられます。
そうであれば、メールの返信は一切せずにお店だけの関係を貫き続けて、お客さんがお店に来たときだけ恋人接客をしているほうが、お客さんをコントロールするために良い、という場合もあります。
店外の誘いにも、太客だからちょっとぐらいは…と思っていると、それで付き合っていると勝手に勘違いされてしまう場合もあるので、注意が必要です。

お客さんの好意に答えるのはお店の中だけにしておいたほうが良い?

お客さんへの色恋営業が得意、というソープ嬢であれば、メールやSNSを駆使してお客さんを繋ぎ止めるという方法も良いでしょう。
しかし、あまり色恋営業が得意でないというソープ嬢がそれをしてしまうと、色恋営業に私生活まで振り回されてストレスを溜め込んでしまう原因を作ってしまいます。
色恋営業をするにしても、果たしてそこまで自分を犠牲にして得られるものがあるのかどうか、費用対効果を考えて営業活動を行う必要があります。
もちろんお客さん側は、お客さん側が求めれば求めるだけソープ嬢が反応してくれるのであれば、喜ぶに決まっていますが、しかしそれはソープ嬢側にとって、営業時間以外は完全にボランティアでしかありません。それをすることによって精神的にも肉体的にも無駄に疲弊してしまうのであれば、いくらお客さんに求められても責められてもするべきではないでしょう。
どの部分で線引きをするべきかを決めるのはソープ嬢個人個人違ってきますが、ソープ嬢自身が辛いと感じないレベルで留めておくべきです。

お客さんにしつこく迫れ始めた時にはどうかわせば良い?

もしお客さんソープ嬢本気になってしまったことに気づいたら、どうしたら良いのでしょうか?
面倒ごとになりそうであれば、気づいた時点で「もったいない」と思わずに出禁にしてしまったほうが良いでしょう。そのお客さんから好意が原因で仕事に対するモチベーションが下がり、他のお客さんへのサービスの質の低下に繋がってしまうのであれば、いくら太客だったとしても早めに切ってしまうべきです。
ソープ嬢お客さん以上の関係をそこに感じられないのであれば、時には余計な情は捨てて冷たくなることも必要でしょう。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP