風俗の仕事でもっとも多い病気 性病+心の病についての対策

あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 性病について登録 > 性病+もっとも多い病

風俗の仕事でもっとも多い病気

性病+もっとも多い病

性病について

性病+心の病

風俗の仕事と切っても切れない関係にある性病。
HIV(エイズ)・クラミジア・ケジラミ・梅毒・性器ヘルペス…etc

しかし、予防や規約に基づいていれば、安全とまでは言えないまでも性病にかかるリスクは減少します。
高級店や会員制のお店では、事前に双方(ソープ嬢+お客さん)が性病などをもっていないか診断している所や、年に何度か身体の定期検診を無料で実施しているお店もあるようです。

どんな仕事をしていても、病気というものは付き物です。

風邪やインフルエンザ、ノロウイルス、生活習慣病や糖尿病。癌や白血病など大きい病気など。 そのような病気にかからないために、手洗いうがいや規則正しい生活を心がけます。

人と人とが生きていくというのは、随時、菌と隣り合わせです。

人と人。人と人…人という字は支え合って…とは、どこかの誰かがいっておりましたね。

本当にそうでしょうか?支えられている人と支えている人に別れている気がしなくもないのですが…。

そこで、今日は風俗と心の病に注目します。

風俗と心の病

風俗の仕事をする人は心が病んでいる人が多いとはよく言われます。
それでは、どうして、心が病んでしまうのか、大まかな原因を取り上げたいと思います。

仕事中の原因
・男性客との会話や行為によるストレス (お客さんによるセクハラ発言やうまく行為ができないなど)
・思ったより上手く稼げない事による不安(指名のない坊主の日など)
・肉体的な疲れによるもの
・性病への不安
・従業員との関係 個人の原因
・先行きの不安(将来性や年齢との兼ね合い)
・世間体(周りに風俗の仕事がばれるのでは?と不安になったり)
・仕事以外の生活との環境のギャップに折り合いがつけない

これらの原因から発症した心の病による症状

慢性的な症状
*心
・ 無気力(今まで好きだった事が楽しめないなど感受性の低下)
・ なんとなくモヤモヤする
・ わけなく悲しくなる
・ 何かを失ったような(又は失うような)損失感
・ 攻撃的になる(否定を繰り返したり度を超えた我が儘)
*体
・ 頭痛
・ 生理不順
以上が大まかな症状です。

これらは、うつ病になる初期段階であることが多いので要注意が必要です。
これ以上悪化しない為に、
一時的な休養や旅行、親しい友人や知人と会うことなどで積極的にストレスを解消して下さい。

しかし、万が一、症状が悪化してしまった場合

危険信号での症状
・ アルコールに走る(アルコール依存)
・ リストカットなど自傷行為
・ 死にたいとおもう自殺願望
・ 死ななければならないと思う希死念慮
・ 暴力的になる

この段階になってしまうと、仕事にも差し支えるようになってしまい
それ以上に、自身の存命が不安定になってきます。
これでは、せっかくの稼いだお金も泥のようなものです。
そうなる前に、絶対に!処置して下さい!

まとめ

自己防衛としては
・ 深く考えすぎない
・ 適度な運動
・ リラクゼーション施設の利用
・ 稼ぎたい時期を絞って働く
・ 休養を定期的にとる
・ バランスのいい食事をとる
・ 趣味を広げてみる(スポーツ・楽器・映画鑑賞) など。

自分では、ストレスの改善が難しいようでしたら、
メンタルヘルスクリニックが存在しますので、活用して下さい。
(風俗嬢を専門や女性医師対応のクリニックもあります)

できれば、円滑にその場その場で愚痴や相談を言えるスタッフや同業の友人をつくることをオススメします。 これらは風俗の仕事に限った事ではありませんが、まずは、心身ともに健康を維持してこその収入です。

皆様が前向きにしっかりと働けるようお店選びから疑問点など
ソープ求人サポートセンターに相談してみて下さい。

性病についてのコラム

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP