ソープ求人を見てもどのお店がいいのか解らない!!高収入を稼げるお店は?待遇がよいお店は?そんな貴女のお悩みに求人サポートセンターが無料でお悩み相談!! 貴女に見合ったお店をご提案する事が出来ます。

あなたならきっと大丈夫

0120966095LINEからお問い合わせ
ソープ求人・バイト・出稼ぎTOP > 吉原ソープ求人・バイト・出稼ぎ

吉原ソープのバイト・求人・出稼ぎをサポート

吉原で生まれた風俗用語

吉原ソープ

お茶をひくとは?

お茶を挽く、お茶引きなどという言葉は聞いた事はありませんか?これは実は吉原遊郭で生まれた言葉なのです。
お茶を挽くというのは、風俗用語で一日指名が付かない、仕事が入らない日のことを言います。
なぜこれを「お茶を挽く」というのか?これは指名が付かない時間、仕事が入らない時間に遊女がお茶の葉を挽いていたことが由来になります。
お茶をひくの他にも「ボウズ」といったりもします。釣りの世界では1尾も釣れなかった事を意味しますが、恐らくその語源は殺生をしないことで“お坊さん”から由来しているという説があります。
「お茶を挽く」風俗嬢にとっては一番怖い言葉ですね。

1コマの事を1本と呼びますがなぜでしょうか?

風俗で指名やフリーで仕事が入る1コマの事を1本と言ったりします。風俗は時給制ではありませんので、1本が1時間の場合もあれば90分という場合もあり、時間で数える風習はありません。ではなぜ1本と数えるようになったのでしょうか?
これも吉原時代にできた言葉でこの1本というものは線香のことだそうです。江戸時代は時間を計る時計が無く、時間を計る為に線香が用いられていました。線香に火を付けて線香が灰になるまでの時間が遊女と遊べる時間何だそうです。時期によってや湿度によっては燃える速度も変わっていたため、かなりアバウトな時間の計りかただったそうです。

裏を返す。

最後に今ではあまり使われなくなってしまいましたが「裏を返す」という言葉があります。こちらも風俗用語として使われていました。この裏を返すという言葉はリピーターの事を言います。
再び指名されると遊女の名札がひっくり返され今は仕事中ですよという表現をしていたそうです。
この名札を裏にすることから裏を返すという言葉が生まれたのだそうです。
歴史ある吉原、未だに言葉の中にも吉原の歴史が根付いています。

ソープ求人のオススメエリア

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

0120966095LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP