あなたならきっと大丈夫

LINEからお問い合わせ
ソープ求人TOP > 特集 > 気をつけたい、梅毒の恐怖…検査と治療はしっかりと!

気をつけたい、梅毒の恐怖…検査と治療はしっかりと!

気をつけたい、梅毒の恐怖…検査と治療はしっかりと!

特集

ソープ嬢が気をつけたいことの一つに、性病への感染があります。性病というと、真っ先に思い浮かぶのはHIVかもしれませんが、その他にも恐ろしい性病はたくさんあります。中でも、近頃世界的に流行しており、危険視されているのが梅毒です。

梅毒の危険性…感染に気付いていないソープ嬢も?

性病検査が徹底されているソープランドでは、少なくても1ヶ月に1〜2回は性病検査をするために、比較的早い段階で性病への感染に気づくことができ、すぐに治療を始められますので安心ですが、性病検査をソープ嬢任せにしてしまっているようなソープランドは危険です。ソープ嬢の中には、性病検査は自費なのでお金が掛かる、とか面倒臭いから…という理由で性病検査をきちんとしないような悪質なソープ嬢もいます。そうすると、性病に感染しているのにそれに長期間気づかず、お客さんに性病をばらまいてしまい、そのお客さんが他の風俗嬢と遊んでまた感染が広がり…という風にパンデミックを引き起こしてしまうこともあります。
梅毒に感染した患者の3分の1は無症候梅毒であると言われています。症状が出ないので、まさか自分が感染しているとは思わずに過ごしてしまうソープ嬢も多いようです。しかし、症状がなくてもキャリアであるわけですから、他人へは感染させてしまう可能性があり、非常に危険です。

梅毒は例え本番をしなくても感染する

ソープランドの中には、激安ソープ等ですと、中には本番をしないお店もあります。そういったお店で働いているソープ嬢の中には、本番しないから梅毒に感染しない、と考えてしまっているソープ嬢もいるようですが、例え素股だったとしても梅毒には感染しますのでご注意ください。

梅毒は治せる病気

梅毒は治せる病気です。第2期までに治療を開始すれば完治できると言われています。梅毒に感染し、完治すると梅毒に対する抗体ができますが、しかし免疫抗体とは別物であるため、普通に再感染してしまうようです。
しかし、上記でも述べたように早めに治療を始めれば完治は可能な性病ですので、ソープ嬢のお仕事をしている女性は必ずまめに性病検査を行うようにしましょう。そして、もし感染が発覚したら、速やかに治療するようにしましょう。稼ぎたいから、生活費が必要だからといって風俗で働き続けてしまうのは絶対にNGです。完治してから働くようにしましょう。梅毒の治療には、感染後3~9週間目の第1期と呼ばれる期間に治療を始めた場合はおよそ2~4週間程度と言われています。感染後9週間~3ヶ月の第2期では約4~8週間程度、感染後3年~10年目の第3期では8~12週間程度、感染後10年~の第4期では完治は難しいと言われています。
上記のように、感染から治療までの期間が開けば開くほど完治までに要する期間は長くなってしまいますので、なるべく早めに治療を始めることをおすすめします。治療期間が長くなれば長くなるほど、もちろん治療費も余計にかかりますし、梅毒に感染している状態では、HIV等の他の感染症にも感染しやすくなってしまいます。そうならないためにも、ソープ嬢は性病検査をできるだけまめに行うようにして、もし感染が発覚した場合は即治療を始めましょう。倫理的な観点から言っても、感染を知りながらソープランドで働き続けるなどということはもってのほかです。

ソープランドの特集記事

お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前

必須項目・入力してください。

メールアドレス

必須項目・入力してください。

電話番号

必須項目・入力してください。

生年月日
備考

※ご質問・ご相談などがある場合はご記入下さい。

同意
あなたは現在、18歳以上ですか?(高校生不可)
はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※大切な個人情報は当社の個人情報保護方針で安全に守られます。
必ず内容を確認後ご同意の上、送信ボタンを押してください。

LINEからお問い合わせ

↑ PAGE TOP